【画像あり】京王線の犯人、動機も判明「死刑になりたかった」

スポンサーリンク

「人を殺して死刑になりたかった」京王線 逮捕の男が供述 「2人殺せば死刑になると思った」とも

スポンサーリンク

東京・調布市を走行中の京王線の電車内で、男性が男に刃物で刺され意識不明の重体のほか、16人が重軽傷を負った。現行犯逮捕された男はバットマンのジョーカーの仮装をしていた。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称・24歳の服部恭太容疑者。服部容疑者はバットマンのジョーカーの仮装をしていて、犯行後、車内のシートに座っていて駆け付けた警察官に対し、暴れることなく、「刃物を捨てろ」と言われると、刃物をシートに置き、所持品の検査に応じていた。

スポンサーリンク

警視庁によると、服部容疑者は容疑を認めていて「人を殺して死刑になりたかった。2人殺せば死刑になると思った」と供述しているほか、8月に小田急線で乗客が切り付けられた事件を参考にしたと話しているということだ。

右胸を刺された70代の男性は意識不明の重体で、このほかに16人が重軽傷を負った。警視庁は、当時の詳しい状況を調べている。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事・動画はこちら

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

実際こんなんやられたら防ぎようがないよな🥶🥶🥶

コメント