sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

大阪刑務所支所 受刑者にもエアコン

   

大阪刑務所支所 受刑者にもエアコン支給へ

大阪刑務所支所:受刑者にもエアコン 昨年1人死亡受け

大阪刑務所丸の内拘置支所(和歌山市広瀬中ノ丁2)を所管する大阪刑務所は、夏の猛暑対策として、同支所の収容者約4人が入る共同室用にエアコン3台を取り付けた。同支所では昨年7月31日~8月1日、収容者3人が熱中症とみられる症状で搬送され、1人が死亡しており、熱中症対策が急務となっていた。

丸の内拘置支所にはこれまで冷暖房施設がなく、室外に扇風機を置き、収容者にはうちわを貸与していた。しかし、収容者は行動が制限されているため、熱中症が発生しやすい環境にあるとされていた。

大阪刑務所によると、丸の内拘置支所の共同室のうち3室にエアコンを設置。暑さで体調を崩しそうな他の収容者を、エアコン付きの共同室に移す。また、直接冷気を体に当てる持ち運び可能な「スポットクーラー」も導入。高齢者ら体調不良を訴えた収容者に使用する。

また、従来は午前と午後に約200ミリリットルを1回ずつ支給していたスポーツドリンクの支給回数を増やし、保冷剤を継続的に貸与するなどの対策もとる。

4支所は増設大阪刑務所は、他に所管する堺や岸和田など4支所でも、収容者が1人で労役作業や寝起きをする「単独室」や、共同室用のエアコン計6台の増設を決定した。

大阪刑務所総務部の熊谷信也調査官は「同じ事態が繰り返されないように体調には十分配慮する。設置した設備を活用して熱中症の防止につなげていきたい」と話している。

http://mainichi.jp/articles/20160628/k00/00e/040/192000c

近年の夏の暑さと死者まで出たことを考えたら当然だろうね。エアコンはもはや生命維持のための必需品。

 - ニュース, ネット, 健康