【画像】景気判断、最も厳しい「悪化」に下方修正 4カ月ぶり

スポンサーリンク

景気判断、最も厳しい「悪化」に下方修正 4カ月ぶり

スポンサーリンク

内閣府は7日、景気全体の動きを示す8月分の景気動向指数(速報)で、景気の基調判断をこれまでの「下げ止まり」から、「悪化」に下方修正した。景気後退の可能性が高いことを示すもので、「悪化」の判断は4カ月ぶり。基調判断の中で、「悪化」は最も厳しい内容。消費増税の実施で景気の下ぶれリスクはさらに強まっており、政策対応をめぐって議論を呼びそうだ。

スポンサーリンク

景気判断、「下げ止まり」に引き上げ 5月分の動向指数
7日に公表された景気動向指数の速報値は、景気の現状を示す一致指数(2015年=100)が、前月より0・4ポイント低い99・3だった。米中貿易摩擦の激化などが背景にある。

スポンサーリンク

昨年秋以降、生産や出荷が弱含み、今年3月分の基調判断が6年2カ月ぶりの「悪化」に陥った。5月分は10連休が要因となって一時的に改善し、判断が「下げ止まり」に上方修正されたものの、8月分は「悪化」に逆戻りした。

景気動向指数は、生産や出荷、有効求人倍率など景気に敏感に反応する統計をまとめてはじきだす。指数の一定期間の動きを基準に機械的に当てはめ、基調判断も示す。

https://digital.asahi.com/articles/ASMB74PQLMB7ULFA011.html?rm=256

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ひょっとこ麻生が壊す日本😰😰😰

コメント