sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

家族旅行を装い覚せい剤30キロを密輸した夫婦を逮捕。ケニアへ12回渡航も、子供は「キリンもライオンも見たことない」

   

家族旅行を装い覚せい剤30キロを密輸した夫婦を逮捕。ケニアへ12回渡航も、子供は「キリンもライオンも見たことない」

 子ども連れの家族旅行を装い、アフリカ・ケニアから覚醒剤およそ30キロを密輸したとして、「運び屋」の夫婦が逮捕されました。旅客機を利用した密輸では過去最大の摘発です。

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された神奈川県座間市の佐藤一貴容疑者(43)。今月5日、2人でペットショップを経営する妻の夏美容疑者(34)とともに、アフリカ・ケニアから帰国した際、羽田空港で逮捕されました。押収された覚醒剤はおよそ30キロで、末端価格18億円相当。旅客機を利用した密輸では過去最大の摘発だということです。

「夫婦はコーヒー袋に覚醒剤を小分けにして隠していたということです」(記者)

警察などによりますと、夫婦は子どもを連れてケニアに頻繁に渡航していました。夏休みや年末年始などの長期休暇を利用し、渡航回数は2014年から12回に及ぶということです。

Q.海外はどこへ行っていた?
「アフリカの方。スマホで(写真を)見せてもらった」(夫婦のペットショップの近くに住む人)

1年に2、3回行われた家族でのケニア旅行。しかし、覚醒剤の受け取りのため、ホテルに缶詰の状態が続き、夫婦の2人の子どもは「キリンもライオンもこれまで見たことがない」と話しているということです。

「観光目的なのに観光の写真が少なかったこと。部屋から出なかったとか、あまり観光していないとか、そういう状況がうかがえます」(横浜税関・神奈川県警の会見)

また、中学生になる兄は最近では一緒に行くこともなくなったということです。

「(兄は)もう嫌になっちゃったと。観光もしないし」(横浜税関・神奈川県警の会見)

取り調べに対し、一貴容疑者は現在は黙秘していますが、逮捕当時はこう話していたといいます。
「5年前、飲食店で知り合った男から『運び屋』の仕事を持ちかけられた」「会社の借金返済のため、これまで6回やっていて、今回は1000万円の報酬をもらうはずだった」

一貴容疑者は、依頼人の男から「家族連れだと怪しまれないと言われていた」と話していたということで、警察などは、夫婦が審査の比較的甘い家族旅行を装い、「運び屋」を繰り返していたとみて、覚醒剤の密売ルートを調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180423-00000031-jnn-soci

 

子供が可哀そうやな…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット