【動画あり】川口春奈のYouTube「ミカン剥いて600万再生」の破壊力

スポンサーリンク

川口春奈のYouTube「ミカン剥いて600万再生」の破壊力

スポンサーリンク

もはや芸能人YouTuberは当たり前の存在となり、ちょっとやそっとの人気者がYouTubeに参入したところで世間は驚かない。そんな状況の中、一気に人気YouTuberへの道を駆け上ったのが女優・川口春奈だ。

2020年1月末に開設された公式チャンネル「はーちゃんねる」の登録者数は123万人を超え、50本足らずの投稿動画の総再生回数は6120万回を突破した。(※全て2020年12月22日時点の数値。以下同)。

スポンサーリンク

いくら人気女優といえども、YouTubeで成功できるかは、また別の話。長谷川京子のチャンネル登録者数が12.5万人、島崎遥香28.7万人、柴咲コウ22.8万人、仲里依紗97.7万人……といった数と比べていくと、いかに「はーちゃんねる」の勢いが凄まじいかわかるだろう。そもそもチャンネル登録者数100万人を超える女優YouTuber自体が希少なのだ。本田翼の219万人を筆頭に、白石麻衣(124万人)と川口がほぼ同数というのが現在の勢力図となっている。

早くも女優YouTuberのトップの一角となった川口。その動画内容は、「激辛メニューを食べる」「メイク術を指南する」「モーニングルーティーン(目覚めてからの朝の準備を撮影した動画のこと)」といったYouTubeの定番テーマを押さえつつ、雑誌撮影の裏側に迫ったり、出演ドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)について語ったり、芸能人ならではの動画も公開している。

スポンサーリンク

HIKAKINやKREVA、仲里依紗など他の人気者たちともコラボしており、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影と並行して行われていたとは、にわかに信じられないほどのYouTubeへの力の入れようだ。

様々なテーマの動画が投稿されている「はーちゃんねる」だが、その中でも2020年2月に投稿された「実家でお母さんに会ってきた!【Vlog】」と「実家でまったり過ごします!【Vlog】」は圧倒的な再生回数(いずれも600万回以上)を誇っている。

スポンサーリンク

タイトルの通り、川口が故郷の長崎県・五島列島に里帰りしたときの様子を撮影したもので、母親との他愛もない会話や、実家でミカンを剥く姿などが映像に収められている。特に派手な出来事が起こるわけではないが、大河女優といえども実家ではひとりの愛娘でしかないのだと感じられて微笑ましい。

YouTuberの魅力を伝える“YouTubeコラムニスト”として活動する桂木きえ氏は、「『はーちゃんねる』が人気を博している最も大きな理由は、女優・川口春奈の“素”がナチュラルな形で垂れ流されているから」と分析する。

スポンサーリンク

「彼女の一番人気の動画は、2月に投稿された『実家でまったり過ごします!【Vlog】』。ただ川口さんが実家に帰り、家族や親族と料理をしたりごろごろしたりする様子を撮影・編集したものです。他の人気動画も、メイクさんとトークをしたり、自宅からファンの質問に返答したり、基本的に飾らないゆるい雰囲気で撮影されており、ところどころ“素っぽさ”が感じられます。

コメント欄には『女優さんだって普通に人間なんだよなって思う動画』といった感想が寄せられています。普段テレビ番組ではなかなか見られない、女優である川口さんの自然体な姿。それを逆に新鮮に感じ、楽しんで観る人が多いようです」(桂木氏)

スポンサーリンク

桂木氏いわく、芸能人YouTuberにおいて“素っぽさ”は非常に重要なポイントだという。

「芸能人がYouTubeチャンネルを開設する際、飾らずに『素の自分』『自然体な自分』を違和感なく見せることができると評価が高くなる傾向があります。川口さんのチャンネル人気は、そうしたニーズにぴったりハマった結果といえるでしょう」

スポンサーリンク

川口は「実家でお母さんに会ってきた!」動画の中で、「私のことをもっと近く感じてほしい。私のいろんな面を素の部分含めて見てもらいたい」「バリバリ仕事している川口春奈ではなく、自分の素の部分とか、飾らない一面をここでお見せできたら」とYouTubeチャンネルを開設した理由を語っていた。彼女の想いは、YouTubeという場にあるニーズとぴったりハマったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7b4267b5b54f7e1da3e8adddb18a53f9b2dca9c

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

一方その頃のん(能年玲奈)のYouTubeでは閑古鳥が鳴いてた…😭😭😭

コメント