sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

加藤浩次が相方・山本圭壱と山口達也を重ね合わせて炎上

   

加藤浩次が相方・山本圭壱と山口達也を重ね合わせて炎上

お笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次がMCを務める日本テレビ『スッキリ』の5月7日の放送で、前日の6日にジャニーズ事務所を契約解除になった『TOKIO』の山口達也についての特集が組まれていた。極楽とんぼは過去に、加藤の相方の山本圭壱が未成年女性に対する淫行などで所属芸能事務所を解雇された経験がある。

加藤は番組内で次のように語った。

「今回、山口君は過ちを犯してしまいましたが、こっから被害者にしっかりと謝罪して、どうしてあんなことをしたのかをちゃんと考えてもう1回反省して、社会復帰して全然いいと思うし、チャンスがあればもう1回戻ってきてもいいと思う」

この「戻ってきてもいい」という言葉は、極楽とんぼでのことを重ねた上で、TOKIOに山口が復帰してもいいのではないかということだろう。また、山口を厳しい思いであえて突き放したほかのメンバー4人についても「本当に厳しい気持ちで、つらい気持ちなんだろうけど、そこで1回断ち切って、山口、お前ひとりで頑張れと、ここから這い上がってくる山口君をメンバーも見たいということだと思う。だからこそ、4人で本当に笑顔のTOKIOを見たいと思うし、レギュラー番組も、僕自身は4人で続けてやってもらいたい気持ちがあります」と熱く語った。

加藤の私見に批判殺到

ところが、SNSで散見される意見は加藤に同調するものが少ない。

《加藤は何を甘いことを言っているのか》
《被害者がまだ未成年だということを深刻に考えていない》
《山本と山口では社会的な影響力が全然違う》
《被害者の目の前で同じことが言えるのか》

このような批判ばかりだ。

「確かに、山口を擁護する意見はジャニーズ事務所に“忖度”しているという風にも聞こえます。ビートたけしなども『被害女性も男性の家に夜行ったらまずいだろう』という趣旨の発言をしているのですが、ほとんどのワイドショーは“かばう余地なし”という前提で番組作りをしていて、それが正解だと思います」(芸能関係者)

変に男気を出して山口を擁護すれば、たとえ正論でも炎上騒ぎになる状況といえるかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/50802

 

この発言のどこがおかしいのか理解できない。罪を償ったら社会復帰できて当然なのに、再起不能にしたがる人がこれほど多いのはなんでだろう?

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能