sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】加藤茶、緊急入院…嫁の綾菜さん「大丈夫です、昨日も私が買ってきたカツ丼を普通に食べてましたよ!」

   

「肉、大好きなんだヨ~」

9月13日、『よじごじDays』(テレビ東京系)の生放送に出演した加藤茶は、番組内で出されたステーキをおいしそうに食べながら笑顔を見せた。その食欲は、年齢を感じさせない。

しかし、実はこの生放送前日まで、都内の救急病院に入院していたという。

「病院に来たのは9月6日のことでした。高熱を出して息も絶え絶えで、一緒にいた奥さんも心配そうに寄り添っていました。意識は朦朧としていましたが、手術はせずに酸素吸入などの措置がとられたようです。その後は最上階フロアの個室に入院することになったんです」(病院関係者)

今年3月に75歳になったカトちゃん。’05年に狭心症と診断されて以来、その体調が何度も心配されてきた。

薬の副作用で

「狭心症と診断された翌年には大動脈解離を患い、生死をさまよう10時間の大手術を行いました。’11年に45歳年下の綾菜さんと再婚しましたが、その後も収録で疲れた様子を見せたり、ロケで目の焦点が定まらない様子がオンエアされて話題になりましたね」(テレビ局関係者)

’15年には雑誌の対談で、大動脈解離の薬による副作用でパーキンソン症候群を患ったことを告白していた。

今回、彼が入院したことで考えられる病気に関して、社会医療法人 『大道会 森之宮病院』の心臓血管外科部長・加藤雅明氏が説明する。

「大動脈解離で大きな手術をされると、病院でさまざまな薬が出されます。その中のひとつである降圧剤という血圧を下げる薬の副作用でパーキンソン症候群を引き起こしてしまうことがあるんです。

症状が出てくると、食べ物を飲み込む機能である嚥下がうまくいかなくなり、誤嚥が起こりやすい。誤嚥は食べ物や唾液が誤って気管の中に入ることです。

普通、食べ物は食道に、空気は気管の中に入って、のど元で仕分けされるのですが、その仕分け作業がうまくいかなくなります。そうなると、誤嚥性肺炎を起こしやすくなり、熱が出ることがあります」

容体が心配されるが、夫が入院中でも妻の綾菜さんはそんな素振りを見せない。

「9月7日の夜に、加藤さんと綾菜さんが出演していたドラマ『警視庁ゼロ係』(テレビ東京系)の打ち上げがありました。

加藤さんは欠席でしたが、ひとりで参加していた綾菜さんは景品で高級焼き肉店『叙々苑』のお食事券が当たって大ハシャギしていましたよ」(テレビ局関係者)

ゲットした食事券の写真を自身のインスタグラムに投稿するなど、普段と変わらない様子の綾菜夫人。『週刊女性』は真相を確かめるべく、カトちゃんが入院している都内の病院へ向かった。

妻を直撃すると

11日のお昼過ぎ、病院から出てきた綾菜さんを直撃。

ーーこちらに入院している加藤さんのご容体は?

「8月末から37度の熱が出て、心臓の検査もしましたが、大丈夫でしたよ。検査入院なんです。以前、大動脈解離をやっているので心臓の検査をしてもらったんです。本人は大丈夫と言っていたのですが、私がすごく心配だったので、無理やりこの病院に連れてきたんです」

入院中であるが、深刻な病気ではないと強調する。

「大動脈解離の検査は2か月に1回くらい受けています。でも、今回の検査もまったく問題ありませんでしたよ」

実際、カトちゃんの体調はよくなっているようで……。

「昨日は普通にカツ丼を食べていましたよ(笑)。私が夕食に買ってきたんです。体調がよくなってきたので、医師の先生も“外のモノをなんでも食べていい”と言ってくれたんです。主人も、病院ではおかゆしか出されないから不満だったんです」

ただ、これからは食生活を見直す必要があるかもしれない。前出の加藤医師が次のように助言する。

「大動脈解離になる方は、塩分摂取量が多いのが特徴です。ですから、食生活に関しては減塩の食事を心がけることが大切です。運動も30分間のウォーキングをおすすめします。ただ単に歩くだけでも、歩くという動作が体幹の筋肉の衰えなどを防ぎます」

“チョットだけ”体調を崩したみたいだけど、お茶の間に元気な姿を見せてほしい!

http://news.livedoor.com/article/detail/15325219/

 

緊急入院してるのにカツ丼…トドメさしに行ったか?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能