【悲報】加藤浩次「これまで黙ってきたが全部話します」吉本残留の意向語る

加藤浩次が吉本残留の意向「エージェント契約で」

極楽とんぼ加藤浩次(50)が9日、メインMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)に出演し、吉本興業に残留する意向を明らかにした。また、吉本が改革案として打ち出したエージェント契約は、加藤が提案したものだったと明かした。

番組冒頭、加藤は「宮迫(博之)さん、(田村)亮の会見の後、僕が言った発言もあります。上層部が辞めないと僕が辞めると言った発言もある。ここまでず~っと黙ってきたんですけど、このタイミングで全部話したいと思います」と

宣言した。

番組では、吉本興業が8日に同社の経営改善を助言する「第1回 経営アドバイザリー委員会」を開き、委員会の提言などによって、すべてのタレントと共同確認書を交わし、タレントの希望に応じてマネジメント契約またはエージェント契約を結んでいくなどの方針としたニュースを報じた。

加藤は「まずこの経営アドバイザリー委員会というのは、吉本興業が考えたことを経営アドバイザリー委員会で話し合ってどうするか。だから吉本から提案されたことをどうするんだ、という委員会。不正があったことを暴く組織ではない」と説明。「僕自身、いろいろ今回の件で、時系列で長くなるかもしれないですけど、しゃべりたいと思います。聞いていただけますか」と述べた。

加藤は先月22日の「吉本を辞める」という発言について「宮迫さんと亮が謝罪会見をした。この会見というのは、吉本を通さず、自分らだけで会場も決め、手伝ってくれる人も集めやった会見。その中で会社が会見させてくれない、と言っていた。それで僕は怒ったわけです。謝罪したいという人間を謝罪させない会社は何なんだ。それで、僕は1日空いて上層部が変わらなければ、大崎さん、岡本社長が退かなければ、僕は吉本を辞めますという発言をさせていただきました。このときの発言というのは僕自身にもウソはないし、そういうつもりでいました。そうなってもいいや、と。僕自身、そういう気持ちが強いし、本心でそう思っていました」と振り返った。「それに対して、マスコミが盛り上がっていくわけですよ。加藤の乱と言われ、松本さんとのVS構造が作られ。そこに対して、僕は傍観してました。あれっていうことが何度もありました。『上層部が変わらなければ(辞める)』という発言の後、スッキリが終わるのが10時半ですから、12時過ぎに松本さんから電話を頂いてます。いろいろすいません、生意気なことを言って、と僕がいったら、『加藤の気持ちも分かる。お前の考え方もあると思う。お前から見てる景色もあるんやろな。これは実際吉本を変えていかなアカンな』ということを松本さんとここで話をしました。だからこの発言をしたときから、そこのVS構造、僕が革命を起こす、乱を起こすということは水面下では全くなかったんです」と明かした。

加藤は「日本のマスコミ、夜の報道番組ですら、対決構造のフリップを使っている」と苦言。23日に大崎会長と話した際は「会社を1から変えるから、会社を辞めないでくれ、と言われました。大崎さんがOK出してくれたらそれで辞めます。それで火消ししましょう、という話をしました」と説明。その後、芸人仲間から慰留が続く中「25日か26日、松本さんと話しているときに、松本さんが『俺は、吉本の芸人ひとりも辞めず、吉本を改革したい、ということを言ってくれた。それはお前も入っている。芸人のチームは1枚岩になって、会社と戦うとできないか』と言われた。1人で辞める方がカッコイイし、気持ちいいだけじゃないか、という変化がありました。じゃあ、どうしたら吉本の内部にいたらできるんだろう」と苦悩を明かし、「昨日(提案された)エージェント制度。これは僕が思いつきました。海外はタレントが非雇用主じゃないんです。雇用主なんです。海外は対等なんです。全部吉本を通すんじゃなくて、いろんな選択肢を自分が持てて、そのエージェントとなる会社、そこと対等に芸人がなれる関係は作れないか、といろんな人に相談しました。エージェント契約があれば、僕は吉本が変わると思う。僕もエージェントとして契約として残るという気持ちはある。松本さん、浜田(雅功)さん、東野(幸治)さん、岡村隆史、ココリコ、ロンブー淳、いろんな人と話をしました。いいな、といってくれる芸人もいました。松本さんは『エージェント契約がOKなら残るんだな』と言われて、松本さんから大崎さんに『会社が今後やっていかなアカンやろ』と松本さんから大崎さんにしていただきました」。

その後「6日の日に、やっと大崎さんと2回目の会談を開いています。このときに、エージェント契約という話をして、ああいう言葉を吐きましたけど、こういう形なら残ります、という話をさせていただきました」とし、「エージェント契約、これで吉本と向き合おうと思っています」と、残留を明言した。

加藤はこれまで、2日の同番組では「自分は(大崎会長と)2回目の会談ができてない。1回目の(会談の)平行線のまま」と現状を説明していたが、この日までに会社側との話し合いで決まったとみられる。

「加藤の乱」の発端は先月22日の「スッキリ」。雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が涙ながらに会見したことに憤り、所属する吉本興業を退社すると宣言。「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」とまで言い切った。

同23日には大崎会長に直談判。3時間に及んだ会談について、同24日の放送では「芸人サイドの意見として伝えても、会社の考え方があって、平行線でずっと3時間。結果として大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、今も平行線のままです」と明かしていた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908080000035.html

sakamobi
sakamobi

チワワ界一の狂犬😂😂😂

コメント