sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】今、和菓子店や洋菓子店が次々と倒産しているらしい その理由とは・・・

   

菓子店の破綻相次ぐ コンビニスイーツ台頭で経営難 あの老舗や人気店も

人気店や老舗の「和洋菓子店」の倒産が相次いでいる。倒産企業の中には業歴が長く、有名銘菓を製造していたところや、人気店として知られた店も数多くみられる。(東京商工リサーチ特別レポート)

最近は、大手コンビニチェーンが展開する「コンビニスイーツ」の台頭で競合が激しく、原材料の上昇、後継者難や人手不足も重なり、和洋菓子店の経営環境は厳しさを増している。

◆最近10年で最多件数を塗り替える勢い

2018年1-10月の和洋菓子店の倒産は、52件(前年同期比20.9%増、前年同期43件)と、全産業の倒産が低水準で推移するなか、ハイペースで推移している。この水準で推移すると2009年からの10年では、2013年(61件)を上回って最多件数になる可能性も出てきた。

主な内訳は、菓子小売業(製造小売)が33件(前年同期比13.7%増、前年同期29件)、生菓子製造業が17件(同41.6%増、同12件)で、生菓子製造業の増加率の高さが目立つ。

主な倒産事例では、花園万頭(東京都)や人形町亀井堂(東京都)など老舗や有名店もみられる。

和洋菓子店の経営が苦戦しているのは、消費者の嗜好の変化と無縁ではない。

要因をいくつか列挙すると、(1)中心顧客の高齢化と若年層の儀礼的進物を好まない傾向による「中元・歳暮需要の低迷」、(2)手軽で品質の高い「コンビニスイーツ」の台頭、(3)和菓子では、「ようかん」、「まんじゅう」などの消費額が減少していること(総務省家計調査報告)、(4)老舗企業では、確立したブランド商品に依存する傾向が強く、環境の変化に対応できない硬直した経営に陥りがちなこと、(5)若者の和菓子離れ、などが挙げられる。

◆地方は人口減も深刻で消費伸びず

 若者を中心に手軽なコンビニスイーツの人気が高まり、顧客層を広げていることで、個人企業を中心に和洋菓子店は大きな影響を受けているとみられる。さらに、地方では人口減少も深刻で個人消費が伸びず、手堅い固定客を抱える老舗菓子店でも業績維持が難しい状況に陥っている。

このため、顧客の嗜好に合わせた商品開発、サービス提供が求められるが、特に伝統を引き継ぐ老舗企業では、想像以上に変化することが容易ではないのが実情だ。

大胆に客層の嗜好に合わせていくのか、ひたすら伝統の味を守り抜くのか、和洋菓子店の経営の舵取りの模索が続く。

《2018年 主な和洋菓子店の倒産事例》

(1)花園万頭(東京都)

花園万頭(資本金4000万円、従業員90名)は5月31日、東京地裁に破産を申請した。負債総額は約20億円。

同社は、天保5年(1834年)創業の老舗和菓子製造販売会社。「花園万頭」、「ぬれ甘なつと」、「花園春日山」が売上の中心で、自社工場で生産、本店等での直営販売のほか、首都圏の有名百貨店内に開設されている全国56カ所の売り場で一般顧客向けに販売していた。

「日本一高い、日本一うまい」をキャッチフレーズにして東京銘菓としてピーク時の平成6年6月期には売上高約42億円をあげていた。

しかし、バブル期に過剰な有利子負債を抱えたほか、東日本大震災後の販売不振など業況が悪化していた。さらに最近は、消費低迷による売上不振が続き28年6月期の売上高が約20億円に減少し、債務超過に転落した29年6月期も売上高が19億円にとどまり、経営悪化に歯止めがかからなかった。

 なお、その後パティスリー銀座千疋屋(東京都)をスポンサーとする事業譲渡契約を6月28日に締結し、新たに設立した花園万頭に和洋菓子の製造販売事業が譲渡された。

(2)人形町亀井堂(東京都)

人形町亀井堂(資本金3000万円)は9月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約2億円。

同社は、昭和4年創業で名物「瓦せんべい」のほか、人形焼やおかき類を販売。東京みやげとしても広く知られ、ピーク時の売上高は約4億4000万円をあげていた。最近は、ファッションブランドとのタイアップ商品の展開や、総理大臣の似顔絵を焼印したせんべいを販売するなど販売促進にも注力したが、業績は低調に推移した。さらに、大口顧客との取引が終了したことにより、業績が急速に悪化して平成29年11月に事業を停止していた。

(3)坂尾甘露堂(石川県)

坂尾甘露堂(資本金4000万円、従業員10名)は3月9日、金沢地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約7000万円。

同社は、文化元年(1804年)創業の老舗和菓子店。加賀藩前田家の紋所、剣梅鉢をかたどった大判最中「加賀さま」は伝統銘菓として人気を博し、小松空港などにも店舗を出店してピーク時には5億円の売上高を計上した。

しかし、最近は消費低迷や競争激化などを背景に業績はジリ貧をたどり、平成28年12月期で売上高は2,660万円まで落ち込んだ。先行きの見通し難から破産手続きに踏み切った。

(4)湖月堂(千葉県)

湖月堂(資本金1000万円、従業員25名)は8月28日、千葉地裁八日市場支部から破産開始決定を受けた。負債総額は約6400万円。

 同社は、明治31年創業の老舗和菓子メーカー。代表商品の「ゆず羊羹・柚子最中」はマスコミにも取り上げられなど、贈答品として好評を得てきた。このほか、サブレ、煎餅、黄金カステラ、湖月のわらび餅など多様な品揃えで直営小売店での販売にも力を注いできた。

 しかし、最近は贈答品需要の縮小などにより売上は減少傾向が続き、資金繰りが悪化した。水面下でM&Aによる事業継続を模索したが買い手が付かず、事業継続を断念した。

(5)萬寿堂(石川県)

萬寿堂(資本金300万円)は10月22日、金沢地裁七尾支部から破産開始決定を受けた。負債総額は約6400万円。

同社は、昭和40年創業の和菓子製造会社。能登の國の菓子処「萬寿堂」の屋号で営業し、特に「えくぼ大福」は平成6年の全国菓子博で大賞を受賞した。ピーク時には5店舗で売上高が約2億円を計上した。

しかし、競争激化に加えて、贈答品需要の減少などから業績低迷に陥った。このため、店舗閉鎖で3店舗の運営となった27年6月期の売上高は約4000万円まで落ち込んだ。金融機関に対して返済猶予を要請するなどしていたが、状況を打開できずに事業を停止した。

https://www.sankeibiz.jp/business/news/181205/bsd1812050645001-n1.htm

 

コンビニスイーツの台頭が原因と。ただデパ地下などの高級菓子は好調だろうし、二極化が進んでるってことなのかな…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - スイーツ, ニュース, ネット