【動画あり】【マジキチ親子】カート世界選手権で失格になったドライバー、走行中の接触相手にバンパー投げつけ永久追放へ

スポンサーリンク

“狂気行動”のコルベーリをモータースポーツ界から永久追放するよう求めるジェンソン・バトン

スポンサーリンク

国際自動車連盟(FIA)管轄のカート世界選手権のレース中に、狂気とも言える行動に出たイタリア出身のルカ・コルベーリ(23歳)を、モータースポーツ業界から永久追放するよう求める声が広がっている。

コルベーリは、10月4日に自身の家族が所有するイタリア・ロナートに位置するサウス・ガルダ・カート場で開催されたKZアカデミーの決勝レースで、同じイタリア出身のパオロ・イッポリートと接触。リタイヤを喫した事に腹を立てたか、コースを周回するイッポリート目掛けて車両バンパーを投げつけた。

スポンサーリンク

コルベーリはそれでも飽き足らず、ヘルメットを被りレーシングスーツを着たままレース後のパルクフェルメに乱入し、イッポリートにタックルした後、殴りかかった。この後、2人の人物が同じようにイッポリートを攻撃するような様子が確認されているが、この内の一人はコルベーリの父親と見られている。

スポンサーリンク

スチュワードはコルベーリとイッポリート双方を失格処分としているが、何があったにせよ、コルベーリの行為は傷害や殺人未遂事件として立件されても止むなしと言えるほど悪質で、元F1ドライバーのジェンソン・バトンはソーシャルメディアを通し、コルベーリを「永久追放」するよう求めている。

スポンサーリンク

「FIAカート世界選手権での劣悪な振る舞いによって、ルカ・コルベーリはレースキャリアを全てを台無しにした。サーキットの持ち主である彼の父親は、壁に向かって彼を張り倒す様子が確認されている。この愚か者共の永久追放をお願いしたい」

マクラーレンのザク・ブラウンCEOもジェンソン・バトンの意見に「完全に同意する」として、金輪際コルベーリ親子をモータースポーツに関わらせるべきではないと訴えた。

スポンサーリンク

現時点では本件に関するFIAからのアナウンスはないが、問題の映像が広く世界中に出回っていることもあり、世界カート選手権の権威とイメージを損なわぬよう、早急に対処する事が求められる。なお、FIAカート世界選手権の責任者は元F1ドライバーのフェリペ・マッサが務めている。

https://formula1-data.com/article/button-calls-for-corberi-to-be-life-banned-from-motorsport

スポンサーリンク
FIA Karting World Championship 2020 KZ/KZ2/Academy Trophy Sunday

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これはなかなかの殺人未遂🥶🥶🥶

コメント