軍病院で整形手術を受ける韓国の兵士「練習の対象では」と話題に

軍病院で整形手術を受ける韓国の兵士「練習の対象では」と話題に

国軍義務司令部の規定違反である軍病院内での美容目的の手術が盛んに行われているという。

4日、SBS(ソウル放送)とのインタビューで、元軍医官だった医師A氏は「耳鼻咽喉科では鼻の手術をし、目のほうは整形外科で多く行われる」と証言した。

軍医官がこのような手術を拒まない理由について、元軍医官の医師B氏は「自分の医療技術を維持したい欲求のためだと思われる。少しでも間が空くと腕が錆つく」と話した。

では軍病院で整形手術を受ける兵士はどのような心境なのだろうか。軍病院で整形手術を経験したC氏は「所属部隊にいるよりも手術を一度受けて軍病院で休むほうがいいという気持ちで手術を受けた」と話した。C氏は一等兵時代、軍病院で盲腸の手術を受けて入院していたが、整形外科軍医官から「鼻を手術すればもっとかっこよくなる」と言われて手術を受けたと語った。

2015年軍病院の整形外科診療件数は5832件だった。その後も増え続け、昨年は7400件を越えた。このうち美容目的の手術件数は別途集計されていない。

このことが報道されると、ネットユーザーからはこのような実態を糾弾する声が上がった。ポータルサイト「NATE(ネイト)」につけられたコメントによると、「軍人相手に軍医官が整形手術の練習をしたのではないか」というコメントへの賛同者は5日午前基準で798人だった。「私の息子も国のために徴兵され、いろいろな用途に役立てられているんですね」というコメントには624人が賛同した。

SBSは軍服務中に負傷した兵士の世話をするべき軍病院が軍医官の整形実習場になってしまっていると指摘した。

軍病院で整形手術を受ける韓国の兵士「練習の対象では」と指摘も - ライブドアニュース
韓国の軍病院内では、美容目的での手術が盛んだという。軍医官には、自らの医療技術を維持したい欲求があるようだと医師は説明。韓国メディアは、軍病院が整形実習場になってしまっていると指摘した

 

整形手術に対する考え方の違いは理解していたが、ここまでとは…(;・∀・)

コメント