sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

長崎・対馬から盗まれた仏像、韓国の寺への引き渡し命じる判決

   

長崎・対馬から盗まれた仏像、韓国の寺への引き渡し命じる判決

対馬の寺から盗まれた仏像 韓国の寺に引き渡し命じる判決

5年前に長崎県対馬市の寺から盗まれその後、韓国で見つかった仏像をめぐって、韓国の寺が「日本の倭寇に略奪されたものだ」と主張して仏像を保管する韓国政府に対し引き渡すよう求めていた裁判で、韓国の地方裁判所は26日、「仏像は過去、正常ではない形で対馬に渡ったと見られる」などとして、韓国の寺への引き渡しを命じる判決を言い渡しました。一方、韓国政府は判決を不服として控訴しました。

この裁判は5年前、長崎県対馬市の観音寺から韓国人の窃盗グループによって盗まれ、その後、韓国で見つかった仏像について、韓国中部のソサン(瑞山)にあるプソク(浮石)寺が「仏像は中世の高麗時代に自分たちの寺でつくられ、日本の倭寇に略奪されたものだ」と主張し、仏像を保管している韓国政府に対して、日本側に返還せずプソク寺に引き渡すよう求めていたものです。

これについてテジョン(大田)地方裁判所は26日、「仏像がつくられたあと、プソク寺がある地域に倭寇が5回侵入したという記録が残っている」と指摘したうえで、「仏像は過去、略奪や盗難など正常ではない形で対馬に渡ったと見られる」として、韓国政府に対し、仏像をプソク寺に引き渡すよう命じる判決を言い渡しました。

一方、韓国政府は判決を不服として控訴しました。

この仏像をめぐっては、日本政府が韓国政府に対し、日本側に返還するよう求めていて、韓国政府が控訴したことから今後、高等裁判所で仏像の所有権について審理が続くことになります。

元住職「悔しさを超えて何とも言えない」

「観世音菩薩坐像」が盗まれた長崎県対馬市の観音寺で住職をしていた田中節孝さんは、3年前に韓国政府に宛てて仏像の早期返還を求める文書を送るなど働きかけを続けてきました。

仏像を韓国の寺に引き渡すよう命じた26日の判決について、田中さんは、「裁判所の判断が今まで長引いたのは、今回の結果を導くためだったのかという思いで、悔しさを超えて何とも言えない気持ちだ。判決を受けて韓国政府が控訴しなければ窃盗事件を正当化することにもなり、今後の隣国との関係のありようが問われる大きな問題だと思う」と話しています。

対馬市民「対馬に返すべき」

仏像が盗まれた寺がある長崎県対馬市の市民からは、仏像は日本の寺に返還されるべきだという声が多く聞かれました。

このうち、40代の男性は「これまでの経緯が裁判できちんと理解されていないのではないでしょうか。盗まれたものは対馬に返すべきだと思います」と話していました。

また、70代の女性は「納得がいかないです。対馬のものだったのだから対馬に返すべきです」と話し、この女性の娘は「判決には驚きました。対馬市には韓国からたくさんの人が観光で訪れていて、これからも盛り上げていけたらと思っているので残念です」と話していました。

韓国の寺の住職「賢明な判断」

仏像の引き渡しを求めてきた韓国のプソク(浮石)寺のウォヌ(円牛)住職は、26日の判決のあと記者団に対し、「裁判所は歴史的な事実などを総合して賢明な判断をしてくれた。われわれの寺だけでなく、日本にはほかにも違法な形で流出した多くの文化財があり、引き渡しに向けて努力したい」と話していました。

官房長官「極めて遺憾」

菅官房長官は午前の記者会見で、「政府としては、外交ルートを通じてさまざまなレベルで、いまだ返還が実現していないこの仏像が早期に日本に返還されるよう、韓国政府に求めてきている。その中で、そうした判決が出たことは極めて残念だ。速やかに返還されるよう韓国政府側に適切な対応を求めていきたい」と述べました。

判決理由のポイント

テジョン地方裁判所は、26日の判決で、仏像の内部から発見された文書の内容をもとに、仏像が1330年にプソク寺でつくられ、その後、奉納されたとみられるとしています。

また、「プソク寺のある地域では、1352年から1381年の間に倭寇が5回進入したという記録が『高麗史』に残っている」と指摘し、仏像は、対馬市の観音寺が創建された1526年ころよりも前に、「正常ではない形で対馬に渡ったとみられる」と結論づけています。

そのうえで裁判所は、プソク寺への引き渡しを命じた判決が確定するまでの間、仏像の保管場所を、韓国の文化財研究所からプソク寺へ移すことも認めるとしています。

一方、仏像が韓国人の窃盗グループによって違法に持ち去られ、その後、韓国で見つかったことについては、経緯に触れるにとどめています。

この事件をめぐっては、4年前、窃盗グループの6人に対して、懲役1年から4年の判決が言い渡されています。

これまでの経緯

5年前、対馬市の神社や寺から2つの仏像が盗まれました。
国の重要文化財の「銅造如来立像(海神神社)」と県の指定有形文化財の「観世音菩薩坐像(観音寺)」です。

仏像は翌年、韓国で発見され、仏像を盗んだとして韓国人の窃盗団が検挙されました。

仏像を証拠品として保管する韓国政府は、当初、本物と確認されれば、国際条約に基づいて日本側に返還するとしていました。

しかし、このうち観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」について、韓国の寺が「中世に日本の倭寇に略奪されたものだ」などと主張して日本に返還しないよう求めたのを受け、韓国の裁判所は、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまでは日本に返還できないとする仮処分を出しました。

対馬市や観音寺は、仏像は朝鮮半島との交流の中で、仏教の普及などに伴ってもたらされたものだとし、日本政府も、韓国政府に対して返還を求めてきましたが、返還のめどは立たず、対馬市では30年以上続けられてきた日韓友好のイベントが一時、中止になるなど影響が広がりました。

そうした中、おととし、「銅造如来立像」については、韓国の検察が、「日本の神社が正当な管理者であることを認める」として、盗難から3年近くたって対馬市に戻りました。

一方、「観世音菩薩坐像」については、裁判所の仮処分の取り消し申請が可能になる3年がたち、日本への返還が注目された去年4月、所有権を主張する韓国の寺や信者が仏像の引き渡しを求める新たな訴えを起こし、韓国の裁判所の判断が注目されていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853511000.html

( ´゚д゚`)エー

 - ニュース, ネット