sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

文化庁「細かい漢字の間違いは正解ってことにしていいから」

   

はねても、とめても正解…漢字の細かい違い許容

文化庁の文化審議会漢字小委員会は9日、漢字の手書き文字について、「はねる」「とめる」など細かい違いで正誤はなく、多様な漢字の形が認められていることを説明する指針案をまとめた。

今春までに指針の確定版を作成して文化庁ホームページに掲載し、書籍化も予定している。

現在の常用漢字表でも、漢字には様々な書き方があり、細かい違いは許容されるとしている。しかし、2014年度の国語に関する世論調査で、「はね」「とめ」や点の向きなどの違いで、人によって正しいと考える字形が違うことがわかった。

指針案では、点や線の「長短」「方向」「つけるか、はなすか」「はらうか、とめるか」「はねるか、とめるか」など、違いがあっても同じ漢字として認められる事例を示した。常用漢字表にある全2136字でも、1文字につき2~3個、手書き例を示した。

また、学校のテストなどでは、指導した字形以外の字形であっても、柔軟に評価するよう求めている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160210-OYT1T50028.html

文化庁「細かい漢字の間違いは正解ってことにしていいから」

 - ニュース