【画像】カニさん、寄生虫によりメス化。子宮を作られ子を産むだけの体に

寄生虫に「ゾンビ化」された生き物たちの、閲覧注意なフォトギャラリー

卵を植え付けられたクモ、6本足のカエル、線虫に洗脳されたコオロギ。写真家アナンド・ヴァルマは、ぞっとするような「ゾンビ化」した生き物を撮り続けている。彼の目的は人々の想像力を刺激し、サイエンスへの好奇心をもってもらうことにある。

オスのカニを寄生虫に感染させることでメス化したもの。寄生虫によってハサミの成長は止まり、腹部には寄生虫の卵が育つための“子宮”がつくられる。そこから何千という数の幼虫が生まれ、新たな宿主に感染するのである。

昆虫のクローズアップ写真以上に嫌な気分にさせるものがあるなら、それは、寄生虫によって「ゾンビ化」した昆虫のクローズアップ写真だけだろう。この手の話ですぐに気分が悪くなるという人は、絶対に、いまここで読むのをやめたほうがいい…。

アナンド・ヴァルマは、2年以上にわたって『ナショナル・ジオグラフィック』のコーナー「Mindsuckers」のために気味の悪い虫の写真を撮り続けている。寄生虫が宿主を突き破って出てくる瞬間をとらえる、といった具合だ。

バックライトが彼の写真に印象的な雰囲気を与えている。6本足のカエルや白い蜂の子がこびりついたてんとう虫の光景は、なんとも気味の悪い具合に映える。

これらの写真は、自然がいかに複雑怪奇かを教えてくれる
「わたしは、こうした生き物を写真に撮るのが大好きなんです。彼らはわたしたちに、自然がいかに複雑で奇怪なものかということについて、新たな知見を与えてくれます」と彼は言う。

10代のころから写真を撮り始めたヴァルマは、カリフォルニア大学バークレー校で統合生物学の学士号を取得した。彼が『ナショナル・ジオグラフィック』の写真家デビッド・リトシュワガーのアシスタントとして仕事を得たとき、写真と生物学への2つの情熱が融合した。Mindsuckersは、彼が初めて雑誌で手に入れた仕事だ。

寄生虫写真のハウツー
ヴァルマは寄生虫学者と連絡をとりながら自分の題材を見つけ出す。そして、寄生虫が観察できるようになるまで、あるいは寄生虫が宿主の中から出てくるまで何日でも待ち続ける。なかには簡単に撮影できたものもあって、例えば寄生虫に感染したアリは、その腹部が鮮やかな赤色になる。ヴァルマはそれを、ライトで輝かせて写した。

逆に、多くの行程や忍耐を要するものもあった。彼は線虫がコオロギの中から出てくるのを待ちながら、実験室で3週間過ごしたこともある。線虫はコオロギを水に飛び込ませて外に出てくるが、それは非常に短い時間で起きるため、撮影は困難だ。ヴァルマはいくつかの実験を経て、ようやくその瞬間を撮影することができた。

「線虫とコオロギの動きを遅くするために、寄生虫に感染したコオロギを冷却しました。また水に特別な処理をした塩を混ぜることで、コウロギの内部環境に似せたのです」と彼は言う。「これで線虫をだまし、水に飛び込んだあともまだコウロギの体内にいると思わせることができました」

彼は小さなスタジオで、動物を水槽やペトリ皿、ガラス板に乗せて作業している。自家製の撮影補助機材と光ファイバーライト、そして光学レンズを使うことで、それぞれの生き物に正確に照明を当てる。真っ黒の背景で撮影された生き物は、まるでSF映画やグラフィックノヴェルから出てきたようだ。彼のレンズの下で、ぞっとしないように見えないものはない。

被写体の多くは研究室内で撮影されているが、ヴァルマは屋外に出かけることもある。ルーケージ・ アルガイというクモを撮影するために、彼はコスタリカまで旅をした。寄生虫がうまくクモに感染するまで、ホテルのメイドに見つからないようにクモの入ったバケツを隠しておかなければならなかったそうだ。

科学への関心をもってもらうためのクリエイティヴ
ヴァルマは、このプロジェクトが人々を不快にするものではなく、人々の好奇心をかきたてるものになることを望んでいる。寄生虫をゾンビに例えることが役に立つのならそうすればいい、というわけだ。

「ジャーナリストにとって、人々の科学への関心をかき立てるクリエイティヴな方法を見つけるというのは臨むべきことです」と彼は言う。「寄生虫に感染された生物を『ゾンビ』と呼ぶことは、人々の想像力を膨らませ、こうした生き物の知名度を高めるうえで役立つでしょう」

https://wired.jp/2016/01/08/zombi-creatures/

sakamobi
sakamobi

肉体改造する寄生虫とかマジでムリ😱😱😱

コメント