【悲報】深海のカニ、Wi-Fiを受信していることが判明

スポンサーリンク

海底ケーブルが「カニを誘惑している」と明らかに

スポンサーリンク

洋上風力発電のため海底に敷設された電力ケーブルが、ヨーロッパイチョウガニを「魅了」し、移動習性に悪影響を与えていることが、最新調査で明らかになりました。

ヘリオット・ワット大学(Heriot-Watt University・英)の調査により、海底ケーブルから放たれる電磁気がカニを引きつけて静止させ、移動や繁殖を妨害していることが判明。

スポンサーリンク

さらに、ラボ内での実験で、電磁気にさらされたカニは血液細胞に変化を起こし、感染症にかかりやすくなることが示唆されました。

研究は、7月17日付けで学術誌『Marine Science and Engineering』に掲載されています。

海底ケーブルが「カニを誘惑している」と明らかに  - ナゾロジー
英ヘリオット・ワット大によると、風力発電のために敷設された電力ケーブルが、ヨーロッパイチョウガニの習性に悪影響を与えていると判明。電磁気がカニを惹きつけ、血液細胞に変化を起こし感染症にかかりやすくなっていたそう。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

カニは知らんがシャコとかは実際電波見えてるらしいな😅😅😅

コメント