携帯の充電に1日50本の乾電池を使用していた23歳男 用水路に2000本の乾電池捨て逮捕

スポンサーリンク

『充電に1日50本の乾電池使う23歳男』…用水路に大量の乾電池捨てた容疑で逮捕

スポンサーリンク

京都府福知山市の用水路に大量の乾電池が入ったペットボトルを捨てたとして23歳の男が逮捕されました。

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは福知山市のアルバイト・木村育夢容疑者(23)です。木村容疑者は7月5日の午前4時半ごろ、農業用水路に大量の単3乾電池が入った1.5リットルのペットボトルを捨てた疑いがもたれています。

スポンサーリンク

警察によりますと、木村容疑者は乾電池式のモバイルバッテリーで携帯電話の充電などをしていて、1日に40~50本の乾電池を消費していたということです。

木村容疑者は取り調べに対して「家で使った乾電池の捨て方がわからず処分に困って捨てた」と容疑を認めているということです。

今年5月以降、この用水路では約100本の乾電池が入ったペットボトルが20本以上見つかっています。警察は余罪も含めて詳しい調べを進めています。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

> 男の自宅は電気が止まっていたとみられ、男は乾電池で生活していたという。

1日に40~50本の乾電池を消費って電気代払った方が安いやろ😰😰😰

コメント