sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

神田うの、夫婦仲良好も夫と別居状態

   

神田うの、夫婦仲良好も夫と別居状態

 神田うの(42才)が、大手パチンコチェーンなどを展開する実業家の夫と別居状態にあることがわかった──。

8月上旬、数日間にわたって都内ホールで開かれた有名バレエ学校の発表会。かつて黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)の娘たちが通い、今は市川海老蔵(39才)の長女が学ぶ超名門バレエ教室の今年の発表会では、全国から集まった約1500人の生徒がステージに立ったという。

その最終日。まばゆいライトを浴びた子供たちと同じぐらい会場で目立っていたのが、ミニ丈の鮮やかな花柄ワンピースと白いハイヒールで美脚を見せつけていた神田うのだった。

「5才の娘さんの晴れ舞台を家族総出で見にきていらっしゃいましたよ。会場には旦那さんが先に着いていて、後からうのさんとうのさんのご両親が合流。うのさんはママ友も多いようでロビーでは笑顔でいろいろなかたにご挨拶されていました。でも、娘さんの出番になると、観客席から身を乗り出すようにしていたかと思えば、ホールの隅で腕組みして見守っていたり、真剣そのものといった様子でした」(保護者の1人)

夫もうのの隣で、愛娘の姿に視線を釘付けにしていた。夕方、発表会が終わると、うのは一家で近所の中華料理店へ。仲睦まじい家族の団らんを見せていた。

ところが食事の後、うのと娘が帰っていったのは両親が暮らす都内の一戸建て。かたや夫が帰ったのは、高級タワーマンション――夫婦の知人によると、それが最近のパターンだという。

「どうやら昨年後半くらいから別居状態になっているそうです。娘さんも『今度パパにいつ会う~?』なんて口にしていましたし、旦那さんも『うのは全然家に帰ってこないからなぁ』と話していましたね」

うのといえば、タレントのかたわら、ストッキングやウエディングのブランドを立ち上げて年商数十億円の成功を収め、さらに2007年10月には大手パチンコチェーンなどを展開する実業家と結婚。贅を尽くした結婚式を10回ほども行うなど、超セレブ&おしどり夫婦生活が代名詞だった。2011年10月、長女を授かったことは大きな転機になったようだ。

「うのさん、教育熱心なんですよね。タレント活動やビジネスよりも、子育てに夢中なんです。娘さんには国際感覚を身につけてもらいたいと名門インターナショナルスクールに通わせていて、バレエだけじゃなくて、バイオリンの英才教育もやっています。この夏も、お子さんのバイオリンのためにイタリアまで出かけていました。レッスンにもほとんど付き添っているようですね」(うのの知人)

36才で第一子を出産。最近は周囲に「2人目も欲しい」と熱っぽく語っていたという。

「昨年はかなり真剣に旦那さんと第二子の相談をしていたようです。うのさんも、お酒を口にしなくなったり、お医者さんに相談したり…。でも今年に入ってお酒は再開したようです。何か気持ちの区切りがあったんでしょう。そのあたりからか、旦那さんともちょっと距離ができたのかな。実家に逃げ込んだというか、わりと完全に移住してしまったみたいです」(前出・夫婦の知人)

前出のバレエの発表会でも、夫と同じペットボトルの水を飲んだり、移動中にさりげなく腕を絡めたり、いたって夫婦仲は順調に見えた。しかも、「今年のGWには、家族3人水入らずでヘリコプターに乗って九州に温泉旅行に行っていました」(前出・うのの知人)というから、夫婦仲が危険水域というわけではなさそうだ。

「あの夫婦はけんかしたり、仲直りしたり…ですから。でも別居状態になっているのは、うのさんが子供中心の今の生活を送るのには断然実家がラクなんですよ。旦那さんは仕事柄、帰宅が深夜になることも多い。娘さんと生活の時間がまったく合わないし、食事や洗濯など気にするのも大変。子づくりも区切りをつけたし、うのさんとしては、身の回りのことから子育てまでサポートしてくれる両親の住む実家からは、なかなか離れられないでしょうね」(前出・夫婦の知人)

http://www.news-postseven.com/archives/20170823_606754.html

別居してても仲のいい夫婦もいるし、逆も当然あるし、夫婦のことはその夫婦にしか分からんのだからアレコレ言わんことよね(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能