sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「雷しゃがみ」ってなに!? → 雷から逃げられないとき、身を守る姿勢がこちら

   

「雷しゃがみ」ってなに?―雷から逃げられないとき、身を守る姿勢

インターネット上で「雷しゃがみ」という言葉が話題だ。逃げ隠れできない野外で落雷に遭った際、身を守るための緊急対応として広まっている。

雷がすぐそばまで来ているのに、その場にしゃがむのは勇気がいるし、本当に意味があるのか疑わしく感じるかもしれない。しかし実際、日本山岳会は公式サイトの「登山気象・防災情報」のなかで「山で雷にあったら」というガイドを公開して、この方法を紹介している。

まず野外で雷から身を守るには、気象庁などが出す雷予報・注意報などの確認が第一。しかしひんぱんに変更となり、移動中に最新の情報を把握するのは難しい場合もある。また外れたり遅れたりする恐れもある。

いつのまにか厚い雲で空が暗くなったり、大きな積乱雲(入道雲)が成長するのを見かけた際は逃げ遅れた可能性が高い。雷鳴が聞えたら、もう危険域に入っている。

安全なのは鉄筋コンクリートの建物の中で、壁から2m以上離れるのが理想。テレビからも2m、電源につながる家電などからも1m以上は離れる。スマートフォンなどの電池で動く機器はそのまま使っていても大丈夫。

町中ならすぐ逃げ込めそうだが、野外でそういう場所があるとは限らない。高さ5m未満の樹木や岩のそばへの避難は自殺行為。高さ5~30mの木や鉄塔のまわりでは「保護範囲」という比較的安全な場所があるが、4m以上離れ、かつてっぺんを見上げたときの角度が45度以上という条件がついている。

適当な逃げ場がないときの緊急対応が「雷しゃがみ」。両足の間隔を狭くしてかがみ、指で両耳をふさぐ。足を広げていると、地面を伝わる誘導電流が体内を通って負傷する恐れがある。決して地面に手をついたり、寝そべったりしてはいけない。

服装はそのままでよく、金属類を身につけていても雷を引き寄せる恐れは少ない。逆にゴム長靴やビニールレインコートを着ていても雷を遠ざける効果は期待しづらい。傘は絶対にささない方がよく、長いものは素材にかかわらず、体から離して寝かせておく。

落雷のあとも、すぐ次の落雷がある恐れがある。雷雲が消滅するまで危険は続く。

これらの方法は落雷からの回避を保証するものではないが、安全な避難場所を見つけられない際の手段として覚えておきたい。

https://internetcom.jp/202997/kaminari-shagami

最近日本では雷を伴うゲリラ豪雨も多いから、このように雷から身を守る練習もしておいて無駄じゃないと思いますよ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット