【悲報】日向坂46柿崎芽実「実はストーカーにあっていた。怖くなって握手会を休んでいた」が最後の挨拶…芸能界引退を明言

「実はストーカーにあっていた。怖くなって握手会を休んでいた」本日8/11開催個握にて、日向坂46柿崎芽実が最後の挨拶。今後については芸能界引退を明言

本日8月11日に愛知会場@吹上ホールにて行われた日向坂46「キュン」発売記念個別握手会にて、グループからの卒業を発表している柿崎芽実の最後の挨拶が行われた。

柿崎は6月にグループからの卒業を発表。卒業発表後は主だった活動をすべて休んでおり、メディア出演もストップ。本日の挨拶がグループとしての最後の活動となった。

柿崎は本日の握手会に参加はしなかったが、握手会終了後に挨拶の時間が設けられた。

卒業セレモニーに柿崎は「ひらがなけやき(楽曲)」と共に入場。

仲の良い高瀬愛奈が「今までお疲れ様。今まで一緒にめみとアイドルとして活動できて嬉しかったし、楽しかったです。大好き〜」と言葉をかけつつ花束を贈呈。

その後キャプテンの佐々木久美が「卒業証書渡すんですけど、めみは二期生の最年少で入ってくれて、中身が大人だから、周りのこととか見てくれたから、私たちにとっていなくなってしまうのは悲しいけど、みんなめみの卒業後を応援してるし、責任を持って幸せになってください」と話し、泣きながら卒業証書を授与した。

その後柿崎は「実はストーカーにあっていました。数ヶ月前から私と私の周りの人に被害がありました。怖くなって握手会を休んでいました」と活動を控えていた理由について明かすと、今後については「芸能界を引退して、普通の女の子として生きていきたい」と明言した。

以前オフィシャルサイトに”迷惑ファン”に対する警告文が掲載されたことがあったが、その注意喚起も柿崎のストーカー被害が原因だという。さらに「ストーカーは絶対やめてください」と繰り返し発言していた。

けやき坂46、日向坂46の活動については「ひらがなけやき、日向坂として過ごした3年間は毎日が夢みたいで幸せでした。一生分の幸せを使い果たすくらい」と振り返った。

その後は写真撮影、「誰よりも高く飛べ!」をバックにメンバーが退場。最後には柿崎が「ありがとうございました!」と感謝の気持ちを伝えると、ファンからはものすごい歓声が寄せられた。

なお、公式ブログは8月31日にクローズすることが発表されている。

https://www.keyakizaka46news.com/archives/24885

sakamobi
sakamobi

ストーカー行為も許せないけど、そもそも握手会商法がそのきっかけを作っていることをもっと問題視すべきでは?😩😩😩

コメント