【悲報】係長「業務のやり方がわからない」→ 住民に支給する50万円を自腹で払い懲戒処分

スポンサーリンク

「業務分からず」唐津市で生活保護費140万円支払われず

佐賀県唐津市の職員2人が生活保護費の支給に関わる業務を怠り、あわせて140万円あまりが支払われていなかったことが分かりました。

唐津市によりますと、生活保護課の48歳の男性係長は、2020年5月から今月にかけて、家賃補助などの事務処理を怠り、20世帯分、あわせて130万円あまりが支給されていなかったということです。

スポンサーリンク

男性係長は発覚を遅らせるようこのうち50万円あまりは自費で立て替えていました。
内部調査に対し、男性係長は「業務が分からず、できなかった」と話しているということです。

また、別の男性係長も1世帯分、12万円あまりの事務処理を怠っていました。
唐津市は、再発防止のためチェック体制を強化したということです。

「業務分からず」唐津市で生活保護費140万円支払われず | RKBオンライン
スポンサーリンク

コメント