sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【衝撃】海草を食べる『サメ』、最新の研究で発見される 腸内に植物を分解する消化酵素が存在

   

【衝撃】海草を食べる『サメ』、最新の研究で発見される 腸内に植物を分解する消化酵素が存在

海草を食べ消化していることが明らかとなったウチワシュモクザメ

サメなのに海草を食べる!?

「獰猛で危険な生物」というイメージが強い『サメ』。ジンベエザメやウバザメといったプランクトン食性の生物を除いて、多くの種が肉食であることが知られている。

そんなサメの中に実は海草を食べ、それを消化することのできる種が存在することが最新の研究で明らかとなった。

2007年に、フロリダ州のアメリカ海洋大気庁(NOAA)に所属する研究者のDana Bethea氏は、『ウチワシュモクザメ(学名:Sphyrna tiburo )』はメキシコ湾で捕獲された個体の胃内容を調べたところ摂取した物質の半分以上が海草であることを発見。

しかし、当時はサメが実際に草を食べ消費し栄養分を抽出していたのかは不明で、餌となるカニやエビを捕食する際に偶然口に入った可能性もあり詳細は分かっていなかった。

すると、カリフォルニア大学アーバイン校の研究者Samantha Leigh氏がこの解剖結果に興味を示し、共同で研究することを提案。

彼らはウチワシュモクザメが実際に海草を食べ消化しているのかどうかを調べるため、標本の血中に海草由来の炭素が含まれているかどうかを調べた。

その結果、ウチワシュモクザメの血中からは海草由来の炭素が発見され、食べられた海草の約半分が腸で消化・分解され、半分が消化されずに排泄されていることを明らかにした。

また、研究チームはこのサメの腸内には、植物の重要な成分であるセルロースを分解することのできる消化酵素β-グルコシダーゼが存在することも発見した。サメから植物を消化することのできる酵素が発見されるのはこれが初めてであるという。

彼らの研究結果によると、ウチワシュモクザメは完全なベジタリアンではないが、その90%が植物由来の栄養で満足しているとのことだ。

Samantha Leigh氏は言う。
「フロリダ国際大学の研究室に捕獲され標本を持ち込んだところ、約90%海草を食べていました。研究中、海草を食べることによる体への悪影響などは確認されず、サメの体重は増えたのです。」

ウチワシュモクザメが草食に食性を変えた原因について、海草を意図的に摂取し食べるようになったのか、それとも誤って食べてしまったところそれをチヨウするために消化器官を適用させたのかどうかについては現在のところ不明。

ウチワシュモクザメは絶滅の危機に瀕してはいない生物であるが、研究者らはこの研究によりこのサメの食性において海草が非常に重要なことを示し、それが無くなってしまうことはウチワシュモクザメにとっても脅威であると述べている。

本研究は1月7日のMeeting of the Society for Integrative and Comparative Biology で報告された。

http://aqua2ch.net/archives/51367452.html#more

(´・∀・`)ヘー

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物