会社愛 日本31% ドイツ47% 米59%

会社愛 日本31% ドイツ47% 米59%

自分の会社に対する「組織貢献・愛着度」という調査で、日本は世界28ヵ国のうち最下位の31%でした(2012 KeneXa High Performance Institute「従業員エンゲージメント調査」より。ちなみに米国は59%、ドイツは47%)。

つまり約7割もの日本人が、会社に貢献したいと思っていないし、愛着を持っていません。「日本人は勤勉」「日本の会社は家族的だ」などとよく言われますが、数字を見るとそんなことはないようです。

会社の数字に弱い人が「働き方改革」で取り残される理由
日米のIT・Web分野を中心に、注目企業の決算から成長の秘密を読み解く書籍『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』が発売3ヵ月で5万部突破と人気を博している。決算や財務諸表を見るのを敬遠するビジネスパーソンも多い中、この本が支持された理由はどこにあるのか? 著者のシバタナオキ氏と、カリスマファンドマネジャーとし...

日本の雇用関係(の多く)って、経営者と社員が憎しみあってるように感じる。だから生産性が良くないんじゃね?

コメント