介護施設で入居者が刃物を持ってウロウロ→職員が没収すると取り返そうと襲いかかる→職員がぶん投げて怪我をさせ虐待扱いに

介護施設で虐待か パン切り包丁取り返そうとした認知症の入所者を職員が投げ倒す 岐阜

 岐阜県高山市の介護施設で、男性職員が入所者の男性を投げ倒し、ケガをさせていたことが分かりました。

岐阜県によりますと、今月17日午後2時ごろ、高山市の介護施設「シンシア高山」で、30代の男性職員が、70代の入所者の男性を投げ倒すなどしてケガをさせました。

入所者の男性は認知症で、先の尖ったパン切り包丁を持って歩き回っていたため、男性職員が取り上げたところ、男性が包丁を取り返そうと向かってきたため投げ倒したということです。

男性は顔に内出血をするなど、軽いケガをしました。

高山市は投げ倒してケガをさせた行為を虐待と認めていて、県などが今月22日から施設への立ち入り検査を行い、経緯などを調べています。

301 Moved Permanently

 

こりゃ介護士のなり手もいなくなりますわ(;´Д`)

コメント