海外メディア「W杯 日本のプレーは醜い。恥ずかしい。茶番」

海外メディア「W杯 日本のプレーは醜い。恥ずかしい。茶番」

「日本の馬鹿らしさが歴史に刻まれる」「警告数とフェアプレーは同価値?」日本がフェアプレー規則の問題を提起

28日のロシア・ワールドカップ(W杯)のグループH第3節、日本はポーランドに0-1で敗れた。だがフェアプレーポイントの差で、かろうじてセネガルを上回り2位で決勝トーナメント進出を果たしている。

ポーランドの先制点を許して一時的にグループH3位となった日本だが、その後に同時開催のセネガル対コロンビアでコロンビアがゴールを決め、フェアプレーポイントの差でセネガルを上回り2位に浮上した。日本は終盤、ポーランドに得点を決められるか、セネガルが同点に追いつけばグループステージ敗退となる中で、パス回しで時間を稼ぐことを決断。そのままスコアを維持して、セネガル対コロンビアも0-1のまま動かなかったために決勝T進出を決めている。

W杯史上初めてフェアプレー規則によって決勝トーナメント進出を決めた日本だが、終盤に行った危なげないパス回しはフェアプレー規則の問題を提起することにも繋がっている。アメリカ『AP通信』は、警告数や退場数が必ずしもフェアプレーに直結しないとの見解を示した。

「日本は受けたカード枚数の少なさによって表彰されることになった。が、それがフェアプレーと同価値であるのだろうか。この試合の最後の30分間は、日本人選手たちのパスショーで過ぎ去った。これ以上警告を受けないためにリスクを冒すことを避けたのである」

またスペイン『ラ・バングアルディア』は、フェアプレー規則の存在により、日本が悪い意味でW杯の歴史に名を刻んだとの意見を記している。

「この試合の最後の5分間は、日本の馬鹿らしさによってW杯の歴史に刻まれる。彼らは負けているのに攻撃せず、守備陣でボールを回すことを決断した。日本はセネガルのゴールで敗退に追いやられる可能性がありながらも、コロンビアの勝利を信じたのだった。結局、何も動くことはなく、皮肉にもフェアプレー規則が彼らをベスト16に進めている」

302 Found

 

結果に拘り、弱者の戦い方を徹底したまで。非難上等。決勝Tベルギー戦で世界をアッと言わせてやればいい

コメント