貝毒猛威 潮干がり禁止に カキ一個で死亡することも

貝毒猛威 潮干がり禁止に カキ一個で死亡することも

貝毒が猛威、潮干狩り名所打撃 手足しびれや歩行困難も

二枚貝を食べると中毒症状を起こす「貝毒」が、この四半世紀で最多ペースで規制値を超える事態になっている。潮干狩りシーズンのゴールデンウィーク(GW)を迎える中、二枚貝を持ち帰らないよう呼びかける自治体も出てきた。

農林水産省によると、1日までに大阪府や兵庫県、徳島県などの沿岸を中心に延べ56海域でまひ性貝毒が規制値を超え、出荷が自主規制された。1993年以降最多で、昨年同時期に比べて2・6倍のペース。同省は4月、各都道府県に対して注意喚起を徹底するよう求める文書を出した。

貝毒は、ホタテガイやシジミなどの二枚貝が有毒なプランクトンを食べて一時的に体内に毒をためることで発生。加熱しても毒は消えず、食べると手足や顔面のしびれなどの中毒症状を起こし、死に至ることもある。

徳島県では、採取したカキから体重60キロの人がむき身1個を食べると死亡する恐れもある高濃度の貝毒を検出。県は漁業者に出荷の自主規制を指導し、県民には潮干狩りで二枚貝を採らないよう求めた。大阪府では国の規制値の42倍の毒性を持つアサリが見つかったほか、兵庫県西部で35年ぶり、岡山県東部で32年ぶりに貝毒が発生している。

貝毒の大流行は、行楽シーズンの潮干狩り場を直撃している。

例年なら潮干狩り客でにぎわう徳島県藍住町の吉野川。4月10日、県が吉野川のシジミから国の規制値を上回る貝毒を検出したと発表してからは、地元漁協が岸辺にシジミ採り禁止の看板を出し、訪れる人も途絶えている。

漁業権をもつ吉野川第一漁協の加藤弘光組合長は「残念だが、県が大丈夫だと言ってくれないと再開できない」と漏らす。「海のカキの貝毒は毎年発生していたが、川のシジミは初めて。40個食べれば死亡する恐れもあるということで、ショックが大きい」

県の相談窓口には、50件以上の相談が寄せられている。大半が一般の県民からといい、「潮干狩りをしても大丈夫か」という問い合わせも少なくないという。

一方、安全な貝と交換して客を呼び込もうとする潮干狩り場もある。大阪府の二色の浜(同府貝塚市)、淡輪(同府岬町)や箱作(同府阪南市)では、客が採ったアサリを回収し、持ち帰り用に別の産地の安全なアサリを渡している。

中毒症状を起こす事例も相次いでいる。大阪府泉南市で3月上旬、友人が採ったアサリを食べた50代の男性が口や手足のしびれで入院。同月下旬には、堺市の男女3人が和歌山市の海岸でムラサキイガイを採って食べ、2人が歩行困難などで入院した。

震災復興途上の東北で出荷規制

貝毒の影響で、カキやホタテガイの出荷規制も相次いでいる。宮城県では、例年より多い延べ18海域(4月30日時点)で出荷を自主規制した。

影響は、東日本大震災からの復興の途上にある東北の漁業者にも及ぶ。

宮城県東松島市の石巻湾西部海域。2月中旬から約2カ月間、カキの出荷が規制された状態だ。50年近くカキ養殖を続けてきた木村喜久雄さん(65)は「出荷の規制以降、収入はゼロになった」と嘆く。

2011年の震災で養殖施設を全て津波に流され、自宅も全壊。震災後に養殖を再開したところだった。木村さんは「規制が解除されたら安全・安心なカキを出荷する。甘みが強い自慢のカキをぜひ待っていて欲しい」と話し、貝毒の流行が早くおさまることに期待を寄せる。

貝毒が流行している原因について、水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所の神山孝史業務推進部長は「一般的に水温や海水中の栄養などが関係するが、今年の増加原因はまだわからない。潮干狩りなどの前には、自治体のホームページなどで発生情報を確認してほしい」と話している。

貝毒が猛威、潮干狩り名所打撃 手足しびれや歩行困難も:朝日新聞デジタル
 二枚貝を食べると中毒症状を起こす「貝毒」が、この四半世紀で最多ペースで規制値を超える事態になっている。潮干狩りシーズンのゴールデンウィーク(GW)を迎える中、二枚貝を持ち帰らないよう呼びかける自治体…

 

貝毒は加熱しても毒が消えないので要注意ですよ(;´・ω・)

コメント