中国人がアフリカでカバに襲われ死亡 カバの噛みつき力はカヌーを真っ二つにする程の強さ

アフリカ・ケニアの野生生物保護当局は12日、湖で写真を撮っていた中国人観光客が、カバに襲われて死亡したことを明らかにした。

中国人の男性(65)は首都ナイロビから約93キロ離れたナイバシャ湖で11日夕刻、同僚と一緒に湖岸からカバの写真を撮っていたところ、このカバに襲われた。

男性は近くの病院に運ばれたが、この病院で死亡が確認された。一緒にいた同僚(62)も打撲などの軽傷を負い、滞在先のリゾートで静養している。当局は2人を襲ったカバの追跡を続けている。

カバは世界でも有数の危険な動物として知られ、ナショナルジオグラフィック誌によれば、強力なあごでカヌーを真っ二つにすることもできる。

アフリカでは年間約500人がカバに襲われて死亡している。危険に遭遇したカバは、短距離であれば人間と同じくらいの速度で走ることができるという。

中国人観光客、カバに襲われ死傷 ケニアの湖で写真撮影中に
アフリカ・ケニアの野生生物保護当局は12日、湖で写真を撮っていた中国人観光客が、カバに襲われて死亡したことを明らかにした。

 

カバもそうだけど、縄張り意識の強い動物は危険(;´Д`)

コメント