星稜高校の恩師と後輩「(本田圭佑は)1年の時から3年にタメ口、パスが相手に合わなくても「走れよ」と言っていた」

星稜高校の恩師と後輩「(本田圭佑は)1年の時から3年にタメ口、パスが相手に合わなくても「走れよ」と言っていた」

星稜の後輩「本田選手は決めるべきところで決めてくれる人」。恩師はあのMFのパスから決めるシーンを期待

ロシアで3度目のW杯に出場する日本代表MF本田圭佑。星稜高時代の恩師、河崎護監督は「楽しみ」と語った。「3回目のワールドカップを経験する中で勝負になるところはどこなのか、分かっていると思う。1試合で1回、2回来るところに本田がいるかどうか」。その経験値でここぞのチャンスを逃さずに決める。幾度も修羅場を経験し、そこで期待に応えてきた男がW杯で再び日本に歓喜をもたらすことを恩師、後輩たちは期待していた。

星稜のFW岩岸宗志主将(3年)は「ワールドカップのピッチに3度連続で立つというのは並大抵の努力ではないと思うので、そこは見習わないといけないなと思います。少しでも将来追いついて追い越せるように、(W杯を)見て成長したいと思います」。後輩たちにとって、W杯でFKを決めるなど活躍してきた本田は、自分たちの意識を高めてくれる存在。その背中に一歩でも、半歩でも、近づけるように日々を送っている。

高校時代の本田と同じく10番を背負うレフティー、MF有馬大勢(3年)は本田が育った場所で、河崎監督から指導を受けたいという思いで東京Vジュニアユースから星稜へ進学したのだという。普段から指揮官やコーチ陣に指摘されているのは、「本田はどうだったか」ということだ。

「監督に練習の合間とかに『本田だったらこうする』とかアドバイスをもらっていて、パス出した相手とかに合わなくても本田やったら相手に『走れよ』と言っていたと。他に監督が言っていたのは『アイツは1年の時から3年にタメ口、俺は本田に怒ったことない』と。僕はしょっちゅう怒られています(微笑)」

先輩についてのエピソードからヒントを得ながら、自分自身に期待し、努力を続ける。今日よりも明日成長することを目指すこと。特に10番を受け継ぐ有馬は「(本田をはじめとした過去の10番に)追いついていかないといけない」という思いを持って今を歩んでいる。

3度目のW杯で本田が見せる姿も、インターハイを控える後輩選手たちのエネルギーに。有馬は「本田選手は決めるべきところで決めてくれる人。自分もそうありたいですけれども決めてもらいたい」と期待した。また、河崎監督は「15m、20m先に逃げないで、良い形で出してくれるのは(柴崎)岳。(本田の)裏に抜けるプレーに対して岳が配球すると面白い」。MF柴崎岳の恩師・青森山田高の黒田剛監督は、河崎監督にとって大阪体育大の“相性の良い”後輩。名将・河崎監督の“イメージ通り”、柴崎のパスから本田が決めるシーンがロシアで実現するか。後輩たちが見つめる中、世界でその経験値と勝負強さを見せつける。

「1年の時から3年にタメ口」星稜高校の恩師と後輩が語る本田圭佑 - ライブドアニュース
ロシアで3度目のW杯に出場する日本代表MF本田圭佑。星稜高時代の恩師、河崎護監督は「楽しみ」と語った。「3回目のワールドカップを経験する中で勝負になるところはどこなのか、分かっていると思う。1試合で1回、2

 

さすがケースケホンダ

コメント