お前らケイスケホンダに言うことあるよね?

お前らケイスケホンダに言うことあるよね?

サッカーW杯 日本 対 セネガルは引き分け

サッカーワールドカップ ロシア大会、1次リーグのグループH、日本は第2戦でセネガルと対戦し、相手に2度リードされましたが、乾貴士選手と本田圭佑選手のゴールで2対2で引き分けました。日本は、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をかけて、28日の第3戦でポーランドと対戦します。

初戦でコロンビアに勝った日本は24日、エカテリンブルクで行われた第2戦で、同じく白星スタートを切ったセネガルと対戦しました。

日本は前半11分、セネガルに攻め込まれ、ゴール前のこぼれ球をマネ選手に押し込まれて先制を許しました。

それでも日本は、徐々にペースをつかみ、前半34分、相手陣の深くでロングパスを受けた長友佑都選手が乾貴士選手にパスを送り、その乾選手がゴールの右隅に蹴り込んで1対1の同点としました。

後半、日本はたびたびチャンスをつくりますが、得点をあげられず、逆に26分、セネガルに攻め込まれ、ワゲ選手にシュートを決められて勝ち越しを許しました。

日本は失点の直後に本田圭佑選手と岡崎慎司選手を投入し、33分には、その本田選手がゴールを決めて同点としました。

日本は2対2で引き分け、勝ち点を4に伸ばしました。

日本は2大会ぶりの決勝トーナメント進出をかけて、28日の第3戦でポーランドと対戦します。

西野監督「勝ちきりたかったが死力尽くした」

日本代表の西野朗監督は「勝ちきりたかったが、死力を尽くした。2度追いついたのはよかった。乾選手はコロンビア戦でゴールを外していたので、修正できたと思う。ポジションも代えないと変化も生まれないと思ったので本田選手を交代で入れた」と試合を振り返りました。

そのうえで、次のポーランド戦に向けては「ただ勝ちきりたいだけです」と話しました。

セネガル シセ監督「日本がピッチ上では上回った」

セネガルのシセ監督は、試合後の記者会見で、「日本は予想通り、技術とパスの質が優れたチームだった。さらに、ボールの競り合いやスピードについてもセネガルと差はなかった。私たちのプレーがよくなかったこともあるが、日本がピッチ上では上回っていた」と話しました。

そのうえで、決勝トーナメント進出がかかる第3戦のコロンビア戦に向けては「われわれはコロンビアに勝つ能力があると考えている。まずは選手たちの体力を回復させて、次の試合に集中したい」と話していました。

セネガル マネ「勝てたはずの試合」

先制点を決めたセネガルのエース、マネ選手は、試合後、「サイドからのクロスボールに合わせようとしていたが、日本のゴールキーパーがボールを押し出そうとしたところで私の足に当たって入った」と振り返りました。

そのうえで、2度のリードを奪いながら引き分けに終わったことについては「勝てたはずの試合だったので、全員ががっかりしている。日本がチャンスを多く作って2得点をあげたことを認めなければならない」と話しました。

さらに、決勝トーナメント進出がかかる第3戦のコロンビア戦に向けては「1次リーグを突破するためによい準備をしなくてはならない」と気持ちを引き締めていました。

本田は3大会連続ゴール

本田圭佑選手は後半33分に日本が2対2の同点に追いつくゴールを決めました。
3大会連続出場の本田選手は今大会、これが自身初めてのゴールで、ワールドカップ通算4得点目となりました。

また本田選手はワールドカップ3大会連続のゴールとなりました。

本田選手が日本代表の試合でゴールを決めたのはおととし9月のワールドカップアジア最終予選のUAE=アラブ首長国連邦戦以来、1年9か月ぶりで、通算37得点目です。

最優秀選手はセネガルのマネ

日本代表対セネガルの試合の最優秀選手、マン・オブ・ザ・マッチには先制ゴールをあげたセネガルのエース、マネ選手が選ばれました。

現地を訪れたサポーターは

エカテリンブルクを訪れた日本人のサポーターからは、一様に日本の健闘をたたえる声が聞かれました。

このうち福井県から現地を訪れた63歳の会社員の男性は「乾選手がいいところで得点してくれてよかった。次は先制点と、堅い守備に期待したい」と話していました。

またコロンビア戦も観戦したという東京の51歳の会社員の男性は、「先制されても追いついたことに意味がある」と、満足した様子で話していました。
この男性の、小学1年生の娘は「次は同点ではなく、たくさん点を入れてほしい」と早くも次のポーランド戦での勝利に期待を寄せていました。

さらに、別の2人組の男性は「ポーランド戦への期待は2億%です。間違いなく決勝トーナメントにいきますよ」と興奮した様子で話していました。

一方、エカテリンブルクに留学中のセネガル人の27歳の男性は「もちろんセネガルに勝ってほしかったが、日本も『勝ちたい』という強い思いが感じられる、いいプレーをしていた。ぜひ決勝戦でもう一度、対戦したい」と話していました。

サッカー解説 山本昌邦氏「攻守で第1戦より成長」

セネガルとの第2戦について、NHKサッカー解説の山本昌邦さんは「素早い攻守の切り替えと規律を守った連係プレーなど日本の強みを生かして粘り強く戦った。特に組織的な守りで相手の攻撃の芽を摘み、縦への速い推進力を抑えていた。攻守にわたって第1戦よりも成長を感じさせる内容だった」と振り返りました。

また、西野監督の采配についても「残り15分で本田選手、岡崎選手の2人を投入して、変化をつけた。流れを引き戻した見事なタイミングの交代だった。ワールドカップは最後の15分が非常に重要で、その15分を落ち着いて運んだことはすばらしかった」と高く評価していました。

そして、決勝トーナメント進出をかけたポーランドとの第3戦については「日本が優位な立場にいることは間違いないが、まだ何も手にしていない。ポーランドは、プライドもあるし質の高い選手も多い。簡単な試合ではないが、チームの結束力、一体感、それに最後まで諦めない気持ちがあれば、目標は達成できると思うので、自分たちの最高のものを出してほしい」と期待していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180625/k10011494271000.html

すみませんでした。。m(__)m

コメント