sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲惨】隠された「順天堂」新生児取り違え 父母は“生まれるはずのない血液型”めぐり離婚

   

【悲惨】隠された「順天堂」新生児取り違え 父母は“生まれるはずのない血液型”めぐり離婚

闇に葬られた順天堂「新生児取り違え事件」(上)

家族から引き剥がされ、見知らぬ国での生存を強いられた拉致被害者の苦悩は想像を絶するが、それと本質的に同じだろう。被害者は血縁のない家族に育てられ、冷遇され、だが、その原因が自らの新生児取り違えだと認めた名門病院は、過誤をカネで隠蔽していた。

***

子供のころ、親から「お前は橋の下で拾ってきた子だよ」と言われ、ドキッとした経験をもつ人もいると思う。自分は本当にこの両親から生まれたのだろうか、と。むろん、親がそんな冗談を言えるのも、自分の子だと確信しているからだろうが、なかには親の発言がトラウマになり、密かに悩み続けるケースも少なくないという。

しかし、親子の間に血のつながりが本当になく、なにかをきっかけにそのことを知ってしまったら、子供、そして家族の苦悩は想像するに余りある。福山雅治が主演した2013年の「そして父になる」にせよ、先月まで日本テレビ系で放映された「もみ消して冬」にせよ、新生児取り違えを題材にした映画やドラマが多いのも、事態があまりに劇的だからであろう。

現実とかけ離れた話をしている、と思うなかれ。新生児取り違えは、フィクションの世界にかぎった事件ではない。日本でもたびたび実例が報告されている。

たとえば2013年には、1953年に別の赤ん坊と取り違えられていたことがわかった男性が、2億5000万円の賠償を求めて病院を提訴し、3800万円の賠償金を得ている。この男性は誤って引き取られた家庭で極貧生活を強いられ、中学を卒業すると町工場で働かざるをえず、辛うじて定時制高校を卒業し、トラック運転手をするなどして糊口を凌いできた。しかし、実の両親には経済的なゆとりがあり、誤って引き取られた子をふくめ兄弟4人が、私立高校から大学や大学院に進んだという。

また06年には、58年に都立墨田産院で取り違えられたという、当時47歳の男性が都を訴え、勝訴している。だが、産院がすでに閉鎖されていたこともあって当時の資料が乏しく、この男性は実の親を探し出すにはいたらなかった。

施設分娩の増加で…

少々古いものだが、1973年に東北大学医学部法医学教室教授だった赤石英氏が書いた「赤ちゃん取り違い事件について」という論文に、事件が多発した経緯が記されている。

それによれば、赤ちゃんの取り違えは、57年から71年までに発覚したものだけで全国で32件におよび、それらは現実に起きた事故の、氷山の一角にすぎないという。

戦後間もなくまで、日本におけるお産は自宅や実家で助産婦を呼んで行われるのが一般的で、 病院や診療所での出産、 すなわち施設分娩は、47年には2・4%にすぎなかった。それが60年に50%、70年には96%に達し、同時に取り違えも急増したそうだ。

さすがに事態は重く見られ、新生児管理改善促進連合が73年8月、赤ちゃんのへその緒を切る前に、安全で正確簡便な標識をつけることを強調した「新生児標識法」が決められ、全国に実施が求められた――。論文には、そんなふうに書かれている。

要は、いま40代後半から60歳すぎくらいまでの世代には、他人と取り違えられたまま気づかずに暮らしている人も、少なからずいる可能性が示唆されているのである。信頼できる大病院で生まれた自分は大丈夫だ、と胸を張る人もいるだろう。しかし、まぎれもない大病院である順天堂医院、正確には順天堂大学医学部附属順天堂医院の関係者は、こうささやく。

「実はいまから半世紀ほど前、順天堂医院でも赤ちゃんの取り違え事故が起きていて、病院側はその事実を隠しているんです」

私大医学部の「御三家」が

順天堂大学医学部は天保年間に開学した蘭方医学塾が起源。すでに180年もの歴史を誇る名門で、6つの病院を運営している。

昨今は入学試験も超がつくほど難関化しており、河合塾が発表している2018年入試用のボーダー偏差値を確認すると、70・0。私立大学の医学部では慶應義塾大医学部の72・5に続き、東京慈恵会医科大と並んで、最難関の三指に入っているのだ。

「2008年、順天堂大医学部は6年間の学費を2090万円と、私大医学部としては慶應の2200万円、東京慈恵会の2250万円を下回る、当時の最安値にまで引き下げました。それを機に一気に難関化し、最近では東大の理科二類などを蹴って入学する生徒さえいるほどです」

と予備校関係者は言う。

それほどの名門病院で取り違え事故が起きていたとは、 にわかには信じがたい。それにこの春、難関を突破し、医学への熱い志を抱いていざ順天堂の門をくぐろうという新入生たちを前に、闇に葬られた取り違え事故の存在を報告するのは、いささか心苦しい。

実は先の順天堂関係者も同様の心情だという。だが、伏せておくべきか煩悶した挙句、声をひそめながらではあるが、良心に従って話そうと決意したという。

「その方は東京都内にお住いの男性です。DNA検査の結果、育てられた親との間には親子の可能性が0%だと判定されて、たしか一昨年の初めだと思いましたが、順天堂医院に確認を求めてきたんです。調査の結果、病院側も取り違えがあったことを認めています」

病院側が認めたのに、一切公表されていないのはなぜなのか。そこに疑問が向かわざるをえないが、まずは、なぜいまごろになって取り違えの事実がわかったのか、という謎を、わかる範囲で解いておきたい。

父が母の浮気を疑い…

「なんでもその男性は、生まれて半世紀近くも経ってから、おかあさんに“血がつながっていないかもしれない”と告げられたという話で、急いでDNA検査をしたところ、その通りの結果が出たんだそうです。ただ、以前から思い当たるフシはあったようです」(同)

それは具体的には、どんなことだったのか。

「男性と母親は顔も似ていなければ、性格も違っていて、ご両親の離婚も男性の血液型のせいだと、だれかに告げられたこともあったんだそうです。男性のご両親は男性が小学生だか中学生のころに離婚しているのですが、原因は血液検査の結果、男性の血液型がご両親から生まれるはずのないものだとわかり、父親が母親の浮気を疑ったためだったという話でした。それ以後、母親の再婚相手や親戚から冷たくされるなど、男性はずいぶん苦労されたということでした」

アンデルセン童話『みにくいアヒルの子』でも、ほかのひなたちと色も姿も明らかに異なるひな鳥は、成長するまでの間、周囲から蔑まれ、いじめられた。男性も長く同じような境遇に置かれていたということだろうか。

だが、 黒いアヒルの子はやがて白鳥へと成長し、自身の出自を確認するとともに、自信を獲得できた。一方、この男性の場合は、

「生まれた直後に、順天堂医院で取り違えられたことは間違いありませんが、では本当の親はだれで、本当の家族はいまどこで暮らしていて、それがどういう家なのか、一切知ることができていません」

そして、 そのことこそが、この関係者が重い口を開いた動機だという。

(下)へつづく

http://news.livedoor.com/article/detail/14556600/

関連記事:約50年前に新生児取り違えか 相手方には「平穏な生活乱す」と伝えず 順天堂医院

 

うわー(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット