sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

NHKの女子駅伝の岡山代表JCが美少女すぎると話題に

   

NHKの女子駅伝の岡山代表JCが美少女すぎると話題に

「駅伝王国」復活へ、兵庫が14年ぶりV「本当に長かった…」 全国都道府県対抗女子駅伝

第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、兵庫が2時間15分28秒で、2連覇した2004年以来14年ぶり4度目の優勝を果たした。

5区で2位に浮上した兵庫は7区で樽本知夏(須磨学園高)が区間賞の走りで長崎をかわして首位に立った。8区の石松愛朱加(浜の宮中)も区間1位となるなど、リードを広げて逃げ切った。

チームで徹底した「笑顔のたすきつなぎ」が実現した。新春の都大路で14年ぶり4度目の優勝を飾った兵庫。中学、高校生が大きく貢献し、榎本監督は「(奪還まで)本当に長かった…。兵庫の駅伝王国復活につながってくれれば」と万感の思いで3度、宙を舞った。

ほぼ、狙い通りのレース展開だった。上位集団に食いつきつつ、勝負は後半-。榎本監督は「6区でトップに立てば勝てる」と読んでいた。その6区で西脇工高の後藤が先頭に追いつくと、7区の須磨学園高、樽本に8区の浜の宮中、石松の計3人が区間賞。満面の笑みでアンカー福田(豊田自動織機)まで渡った。

後藤と樽本は加古川のランニングクラブに所属し、小学生の頃から友人同士。樽本は昨年末の全国高校駅伝出場を逃したが、「チームに貢献する気持ちが強かった」といえば、後藤も「ライバルとして一緒に切(せっ)磋(さ)琢(たく)磨(ま)してこれたことがプラスになった」。県下に駅伝の強豪高を擁することが、「充実した戦力」(榎本監督)を可能にした大きな理由だった。

17日で阪神大震災から23年。いまや、出場9選手の誰もが震災後に生を受けたが、「この駅伝は兵庫の人々に元気を与える駅伝。どういう走りをしないといけないかは考えていた」と語るのは18歳の樽本。たすきとともに“思い”もつなぐ、駅伝らしい栄冠でもあった。

http://www.sankei.com/west/news/180114/wst1801140048-n1.html

ほんまや(*´ω`*) 最近の陸上界は美女・美少女が多いですな!

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット