「障害者でも男性だけで乗るのは禁止」女性専用車両に不満の声

「障害者でも男性だけで乗るのは禁止」女性専用車両に不満の声

女性専用車両に男性障害者NO、2鉄道に異論も

痴漢防止のため全国の鉄道で広がっている女性専用車両では、実はほぼすべての鉄道事業者が、男性でも障害がある人の利用を認めている。

ホーム上や車内での移動が容易ではない障害者に配慮したためだ。ただ、「障害者でも男性だけで乗るのは禁止」とする事業者が全国に二つだけあり、障害者側から不満の声が上がっている。

国土交通省によると、女性専用車両は、事業者の任意のサービスとして設けられ、今年4月1日時点で全国の32事業者87路線で導入されている。

読売新聞の取材では、うち30事業者では、男性障害者が一人で利用できる。「障害のある人が利用しやすい乗車位置に女性専用車両が来ることがある」などが理由だ。首都圏では2005年、11事業者の協議会で認める方針が申し合わされた。

一方、名古屋市営地下鉄と西鉄(福岡市)は現在も、男性障害者が乗る際には「女性の介助者の同伴」を条件にしている。

「障害者でも男性だけで乗るのは禁止」女性専用車両に不満の声 - ライブドアニュース
ほとんどの鉄道は、男性でも障害がある人は女性専用車両を使えるとしている。一方で、「障害者でも男性だけで乗るのは禁止」としている事業者が2つある。名古屋市営地下鉄と福岡市の西鉄で、障害者側から不満の声が上がっている

 

障害者の方もNGってどういうこと?(;・∀・)

コメント