sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

恋人ヤクザに情報漏洩の女性巡査 留置場で逆ナン&不倫も

   

恋人ヤクザに情報漏洩の女性巡査 留置場で逆ナン&不倫も

 安っぽいヤクザ映画で描かれるような事件が現実に起きた。暴力団組員に捜査情報を漏らしたとして、警視庁は3月19日、新宿署留置管理課の女性巡査A(23)を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検、停職6か月の懲戒処分とした。

A巡査は昨夏、同署に留置されていた組員の男と親しくなり、男の保釈後に交際をスタート。交際中には現金で約100万円を貢いでいたとされる。

その後、男から「俺が捜査対象になっている事件があるようだ」と聞いたA巡査は、交際が同僚らにバレることを恐れた。「男に情報を教えれば、(聴取されても)交際を黙っていてくれる」と考え、情報漏洩に及んだという。

留置場内で出会った女性警察官と懇ろになるとはある意味度胸のあるヤクザだが、捜査関係者によると、相手の男は、暴走族OBを吸収して拡大した関東の暴力団の組員で、「モンモン(入れ墨)の入ったイケメンの武闘派」だという。

一方のA巡査は、「カーリング女子韓国代表の“メガネ先輩”ことキム・ウンジョン選手のようなクールビューティー系」(警察関係者)という評判だ。

真面目な女性巡査を、イケメンヤクザがたぶらかして……というストーリーが思い浮かぶが、取材を進めると、どうも真相は“逆”だったようだ。

「A巡査は昨年7月頃から同署組織対策課に勤務。男の取り調べに同席した際、男の携帯を盗み見て番号を記憶し、自分からアプローチしていたというのです」(捜査関係者)

別の捜査関係者はこう証言する。

「暴力団員との関係を確認するために監察官がAを尾行していると、妻子持ちの男性警察官とラブホテルに入っていったという話がある。Aのお父さんも警視庁の警察官なので、我々も気まずさを覚えている」

この“不倫関係”については相手の男性警察官にも調査が入っているという。

警視庁は事実関係について、「その女性巡査については厳正に処分いたしました。その他の個別の質問については回答を差し控える」(広報課)と話すが、A巡査は処分を受けた日に依願退職。“禁断の情事”に溺れた代償は大きかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20180329_662019.html

関連記事:警視庁の20代女性巡査が暴力団員の男と交際 警察署内で知り合う
関連記事:女性警官 交際してるやくざに捜査情報以外に現金100万円渡す

 

>男の取り調べに同席した際、男の携帯を盗み見て番号を記憶し、自分からアプローチしていた

ちなこの女性巡査の父親も警察官だと…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット