【驚愕】ジャスティン・ビーバー、100時間超の超大作タトゥー公開!全身黒すぎてヤバイ・・・(画像あり)

歌手のジャスティン・ビーバー(24)が、上半身を埋め尽くしたタトゥーでまるで服を着ているように見える写真をInstagramに投稿した。

ジャスティンは「僕たちの犬の息子を紹介するよ。名前はオスカーだ」と妻でモデルのヘイリー・ボールドウィン(22)と犬を飼うことにしたと報告。ベッドに寝そべるジャスティンの肩の上にちょこんとオスカーが乗った写真を公開したが、目を引くのはジャスティンのタトゥーの量だ。隙間がないほどに真っ黒になっている。

ジャスティンは昨年10月に26時間かけて胴体に彫り込んだという大作タトゥーを披露していたが、それをさらに進化させ、今年4月には計100時間以上の“超大作”にしたことをInstagramで明かしていた。その際ジャスティンは「このアートをめちゃくちゃ気に入っているし、僕は自分の体をキャンバスにした。それって超楽しい」とつづっている。

ジャスティンとヘイリーは現地時間9月13日にニューヨーク郡裁判所で極秘に結婚したと報じられている。ジャスティンはヘイリーのため、新たに顔面タトゥーを入れたことでも話題になった。

ジャスティン・ビーバー、100時間超の超大作タトゥー公開!真っ黒すぎて服着てるみたい! - シネマトゥデイ
歌手のジャスティン・ビーバー(24)が、上半身を埋め尽くしたタトゥーでまるで服を着ているように見える写真をInstagramに投稿した。

 

焼死体みたいになっとるやん!(;゚Д゚)

コメント