sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】予言者「6月21日に日本の東海地方で史上最悪の地震勃発」

   

【悲報】予言者「6月21日に日本の東海地方で史上最悪の地震勃発」

6月21日に史上最悪の地震勃発&2043年人類の80%が死滅!? 予言者ジュセリーノの恐るべき警告とは?

ジュセリーノ・ダ・ルースは、予知夢によって未来を予言するブラジルの予言者である。「9.11テロ」「ダイアナ妃の暗殺」「四川大地震」「バージニア工科大学銃乱射事件」など、世界中の大事件や災害を予言的中したとされている。

「ジュセリーノ」という名前を聞いて懐かしいと感じる読者も多いだろう。今から約10年前、ジュセリーノは「90%の予言が当たる」というキャッチフレーズで日本のTV番組にも出演し反響を得た。当時、彼の予言をまとめた本はベストセラーにもなっている。現在もホームページを持って活動中の彼だが、日本ではかつてのブームは去ってしまった。

そのような一時代を築いた予言者であるジュセリーノが、近日中に日本に起こる恐ろしい予言をしている。なんと、2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震が起きるというのだ!

ここで、いまいちどジュセリーノの軌跡を振り返ってみよう。

■9歳の時に予言に目覚める

ジュセリーノは1960年3月、ブラジルのパラナ州マリンガ市の農家に生まれ、高い教養はないが真面目な両親のもとで育ったという。だが、幼少の頃は貧しく、パンを買うお金もないほどだったため、彼は8歳の頃から兄弟と共にポップコーンを売るなどして家計を支えていた。

8歳の頃、ジュセリーノは黄金の光球――つまりUFOを毎日のように見ていたという。光球があらわれてから1年ほどたった時、ジュセリーノは彼を導く不思議な助言者の声が聞こえるようになった。そして9歳の時、彼は見知らぬ家族が交通事故にあって死亡するという初めての予知夢を見る。ジュセリーノはその家族の家まで訪ねて危機を伝えたものの、取り合ってもらえなかったそうだ。そして予言どおり、その家族は交通事故で4人全員死亡してしまったのである。

母はジュセリーノの能力を恐れて病院に連れて行った。異常は見当たらなかったが、予知夢の問題で小学校は1年留年したという。

1973年、13歳のジュセリーノはこの頃から夢で予知したことを関係者に知らせる手紙を書くようになったという。それは助言者の指導によるものであった。

とはいえ自身の特異な体質に悩んだ彼は15歳の時、大聖者フランシスコ・シャビエル師を訪ねようと決意。シャビエル師のもとに行くと相談者の長蛇の列ができており、すぐには会えそうもない状況だったが、不思議なことにジュセリーノは、シャビエル師に呼ばれてすぐに会うことができた。シャビエル師は彼が来ることを予見していたのだ。そこでジュセリーノはシャビエル師から「夢を見て未来を予知することが使命なのだ」と気づかされ、予言者として生きる決意をしたのだった。

■ジュセリーノの的中予言

ジュセリーノほぼ毎日予知夢を見るという。一晩のうちに複数の予知夢を見ることもある。彼は予知夢を見ると目覚めてはすぐにメモを取り、古いタイプライターと一部手書きで夢を記録し、危険な内容であれば未然に防ぐために関係者に警告文を送付する。

ちなみにジュセリーノは、ノストラダムスが四行詩という難解で抽象的な形で予言を残したのとは異なり、発生する年月日や対象の名前などを克明に予言する。1973年から記録した予知夢は数万件以上。以下、ジュセリーノが的中させたという主な予言を抜粋しよう。

・スペース・シャトル・チャレンジャー号爆発事故(1972年予言→1986年的中)
アメリカのスペース・シャトルが発射直後爆発して宇宙飛行士全員死亡することが、2000年が終わるまでに起きると予言。

・チェルノブイリ原子力発電所事故(1980年予言→1986年的中)
1986年にキエフ北部のチェルノブイリで最悪の原子力事故が起きると予言。ウクライナ共和国大統領宛に航空便を出している。

・阪神淡路大震災(1979年以前に予言→1995年的中)
古い予知夢で、1995年に日本の神戸で大きな地震が起き、5000人以上が亡くなると予言。日本の政府関係者に手紙を送り続けていた。

・東京地下鉄サリン事件(1989年予言→1995年的中)
東京の地下鉄で、アウム(オウム)という新興宗教の指導者が毒ガスのサリンを使って事件を起こすと予言。1989年8月に天皇陛下と警察当局に手紙を出したが返事はなかった。

・9.11テロ(1989年予言→2001年的中)
2001年9月11日にワールド・トレード・センターへテロ攻撃があると予言。ブッシュ大統領とクリントン大統領に警告文を送った。マスコミ各社にも警告文を送ったが、マイアミ・ヘラルド新聞社からは1995年8月11日付で次のような報道拒否の返事が来ている。「あなたから受け取った1989年10月26日付の手紙にあるワールド・トレード・センターに対する2001年9月11日にあるだろうとされるテロ攻撃について正当に評価しかねる。人々の恐怖を煽りかねない」

ここで紹介したのは的中したとされるほんの一部である。

彼が予言して送ったとされる手紙の内容や日付はあとから捏造されたのではないか? という疑いもかけられているのも事実だが、彼の予知能力をもっと具体的に証明した実例もある。

たとえばたま出版の韮澤潤一郎氏は「東京スポーツ」(2007年5月24日付)にて、「ジュセリーノはアル・ゴア氏がノーベル平和賞を受賞すると20年前に予告していた」と発表。そして同年10月、アル・ゴア氏のノーベル平和賞授与が発表された。この件ではつまり、読者が証言となっているといえる。

しかし、ジュセリーノの予言は的中したものあれば、もちろん外れたものもある。ある研究によれば、実際の的中率は10パーセント程度だともいわれている。名声が高まれば懐疑的な声も高まるのは、予言者の宿命なのだろう。

一方、ジュセリーノは「政府のために働いてくれ」とアメリカ政府から好条件でスカウトされたこともあったという。しかし彼はアメリカ政府のためだけに予言能力を使うことを嫌がり、そのスカウトを断っている。また、ジュセリーノの予言を情報機関が調べていたというから、予言が外れるような裏工作が行われていたとも限らない。

■2043年、人類の80%が死滅!

そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいことだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。

たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。これは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載されており、7月5日付東京スポーツ新聞でも発表された。

そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。死者15名、重軽傷者2000名を超える大災害であった。予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?

今回予言者ジュセリーノが予言している日本の東海地方での史上最悪の地震とは、南海トラフ巨大地震を指しているのではないかと思われる。というのも最近、霧島連山の新燃岳が噴火を繰り返し、火山活動が活発化しているのだ。霧島連山が噴火すると、数カ月後から1年以内に巨大地震や富士山噴火が起きているパターンが多い。それに今、ハワイのキラウエア火山でも大規模な噴火が起きているなど、世界的異変が起きている。このような状況から鑑みると、ジュセリーノが指摘するように、6月中に日本に大災害が起きてもおかしくはない状況なのである。

さらにジュセリーノは恐ろしいことに、これまで繰り返してきた環境破壊の報いを受けて、2043年に人類の80%が死滅するという予言もしている。「予言を恐れるのではなく、人類1人ひとりが意識を高めて世界がひとつになって行動することにより、未来は変えられる」と彼は言う。

ジュセリーノの予言は賛否両論あるものの、人類規模で意識を変えなければならない時がまさに今到来しているというのは間違いない事実だといえるだろう。

http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry.html

 

ジュセリーノ・ダ・ルースは、予知夢によって未来を予言するブラジルの予言者。「9.11テロ」「ダイアナ妃の暗殺」「四川大地震」「バージニア工科大学銃乱射事件」などを予言的中したとされ、アメリカ政府から好条件でスカウトされたこともあったという。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能