sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

山田涼介、事務所の “時代遅れな社是” のせいで外国人記者から失笑される

   

山田涼介、事務所の “時代遅れな社是” のせいで外国人記者から失笑される

 アジア最大級の映画祭、第30回東京国際映画祭が25日、開幕した。そのオープニングイベントが、同映画祭の会場となる東京・六本木で行われたが、そこで“ジャニーズルール”が発揮され、外国人記者の失笑を買うという一幕があった。

「国際映画祭、と銘打っているわけですから、その取材スタイルも、ユニバーサルスタンダードでないといけない。それをジャニーズ事務所がいびつにしているのです。まるで“肖像権の鎖国”ですよ」

と、スポーツ紙の映画記者はあきれる。

同映画祭のオープニング作品として上映されたのが『鋼の錬金術師』。主演は、人気アイドルグループ、Hey! Say! JUMPの山田涼介(24)だ。

「オープニングの、レッドカーペットとセレモニーに参加したのはいいけれど……」

映画関係者の表情がくもる。その理由を、

「取材陣に配られたリリースに、こう書いてあってんです。『通常のイベント通り、山田涼介さんの写真・動画をWEBメディアに掲載する事は出来ません』と。

さらに海外の取材陣に対しても『日本語表記となるWEBメディアでの掲載はNGとなりますので』と制限を設けているのです。WEB動画の取材もある中、山田だけの映り込みがないようにしろって言われても、できますか? しかも『通常のイベント通り』って何ですか? 通常のイベントと東京国際映画祭って、なんの関係があるんですか」

とぶちまける。

山田は、共演者の女優・本田翼(25)らと登場し、その後レッドカーペットをかっ歩した。

「レッドカーペットの片側はテレビメディアのカメラ、もう一方は映画祭を支える熱心なファンがいて、出演者がサインをしたりするんです。山田は、サインをすることはなく、ずっとテレビカメラ側を歩いていましたね。映画ファンと交流するという映画祭の趣旨に、まったく反しています」

と、前出の映画会社関係者も忌々しげな表情だ。

WEBの動画・静止画にタレントの写真を載せない、というのは「ジャニーズの社是(しゃぜ)ですけどね」とテレビ誌記者。「それがどんな時代遅れか、そろそろ気づいてもいいんですけどね」と皮肉を加える。

写真撮影の席では、山田がいるバージョンと山田を排除したバージョンが設けられたが、

「普段のイベントであれば、ジャニーズのタレントが外れた時は、舞台裏に控えたりできるのですが、今回はそうはいかない。他の人が撮影されている脇で、所在なさそうな感じでただ立っていましたよ。祭りに参加できなくて、ちょっと不憫というか、そんな感じでした」(雑誌カメラマン)

国内のイベントなどでは、“ジャニーズルール”を当たり前のように適用しているが、国際的なイベントでもそれを貫くのは、ゴリ押しそのもの。ジャニー社長がプロデュースの意欲を見せる、東京五輪の開会式。それが実現しても、“時代遅れの社是”は変わらないのだろうか。

「クールジャパン」として多彩なコンテンツを海外に発信する国家的取り組みに、ジャニーズ事務所だけが非協力、と指を指されても仕方ない愚行だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13814704/

写真・動画の掲載不可(ジャニーズルール)って「チビがバレるから」っていう噂だけどどうなんやろ?

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能