sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

JK「痴漢防止バッジ作ったわよ!」→「皆変な目で見てくるゆるせない!」

   

JK「痴漢防止バッジ作ったわよ!」→「皆変な目で見てくるゆるせない!」

女子高生発案の『痴漢抑止バッジ』、女性にも渋い顔される

毎日のように痴漢被害に遭い、泣き寝入りし続けていたひとりの女子高生が立ち上がった。「被害に遭う前に痴漢を防ぎたい!」という切実な思いから『痴漢抑止バッジ』が誕生し、普及し始めている。

 歓迎の声がある一方で、批判の声、摩擦も届いた。痴漢抑止バッジを作った都内在住の高校3年生、殿岡たか子さん(仮名=17)はこう話す。

「カードに気づくと男性も女性も嫌そうな渋い顔をしました。電車に隙間があると、なるべく私との距離を取ろうとしているのがわかりました」

 カードは昨年8月以降、万里さんの小学校の同級生、松永弥生さんの手助けにより缶バッジに変身することになる。

「このやり方は、誰も傷つけない、痴漢冤罪や加害者を生まないいいアイデアだと思ったんです。同時に女子高生がカードをつけてひとりで電車に乗るのはいたたまれないと思いました。

 缶バッジにしたらつけやすいのではと殿岡さんに連絡をとり提案したところ、彼女たちにもその案があったみたいで、一緒にバッジを作ることになりました。プライバシーを守るため、2人を表に立たせるのは避け、私が『Stop 痴漢プロジェクト』の窓口となりました」

 プロジェクトのキャッチフレーズは“立ち上がれJK(=女子高生のこと)”。

「悪いのは犯人なのに、女性に頑張れというなんて……という批判の声も届きました。ですが私たちは、“社会や大人があなたたちを守るから、安心して立ち上がって”というメッセージを込めたつもりです」(松永さん)

 クラウドファンディング(※記事下参照)で資金を調達し、ネットで仕事を受発注する『クラウドワークス』を利用し、デザインコンテストを仕掛けることにした。(株)サーチフィールドFAAVO事業部、コミュニティマネジメントチームの田島実可子チーフは、すぐさま共感を表明した。

「男性への“痴漢は犯罪です”という主張にとどまらず女子高生の意思表示がなされていることに可能性を感じました。これまで痴漢犯罪に関しては、一方的に男性を悪いとする構図があったと思います。このバッジには“誰かを変える前に、まず自分たちが変わらねば”という女性の精神的自立を促し社会を動かそうという思いが込められていると思い、個人的にも賛同できました」

 資金調達は目標の50万円を大きく上回り、3か月で212万3000円、デザインは443点集まり、5点のバッジを製品化することができた。

 プロジェクトの第1目標は達成したが、痴漢がいなくなったわけではない。痴漢ゼロ社会の実現に向け松永さんらは今年1月15日に『一般社団法人痴漢抑止活動センター』を設立。松永さんが代表に就任し、活動の継続を確認し合ったという。

 痴漢抑止バッジをつけ女性記者(25)もラッシュ時の電車に乗ってみた。肩掛けカバンの取っ手付近にバッジを見つけた人は何らかの反応を示した。男性は距離を取ったり吊り革につかまろうとし、女性は周囲にいる男性の動向を気にして視線を動かす。

 痴漢との遭遇はゼロ。バッジの効果はテキメンで、周囲の人に“痴漢に間違われないよう気をつけよう”“痴漢が出るかもしれないから用心しよう”という意識を持ってもらえる効果ありと感じた。注意喚起と犯罪抑止という2つの効果。前出の埼玉県警・大渡副隊長も抑止効果に期待し、こう語る。

「非常に斬新。“痴漢を許さない”“泣き寝入りしない”と目に見えるかたちでの意思表明をすることで、相手が犯行に及ぶのを抑止できるのではないかと思います」

鉄道会社も手をこまねいてはいない。阪急電鉄は、混雑率が高い3つの路線で女性専用車両を設定している。

「お客様からは女性専用車両の拡大要望が最も多く、警察も迷惑行為(痴漢等)の対策に有効な手段のひとつとして設定を求めていることを受け導入を行ってきました。迷惑行為の抑止には一定の効果があると考えています」(広報部)

JR東日本も女性専用車両の導入のほか、車内防犯カメラの設置、「痴漢撲滅キャンペーン」を実施するなど逃げ得を許さない態勢を敷いている。

「痴漢は許しがたい犯罪であると認識しており、当社では警察や他の鉄道会社と連携し、痴漢撲滅を呼びかけるポスターなどを通じて被害に遭われたお客様だけでなく、周囲の方への痴漢撲滅に向けたご協力を呼びかけたいと考えています」(広報部報道グループ)

周囲の乗客にも働きかけていく方針だ。痴漢抑止バッジをつけたからといって、すべての痴漢が萎縮するわけではない。かいくぐって行為に及ぶ確信犯的な連中は、後を絶たない。大渡副隊長に、痴漢を避ける注意点を聞いた。

「特に混雑する車両やドア付近に立つのを避けること。乗る電車を1、2本変えたり階段付近を避けるなどで、ドアの近くでなく車両の奥のほうに乗車できる場合もあります。また、スマホや化粧ばかりして無防備に見えるのを避け、時々でも顔を上げるように。

他の吊り革が空いているのに隣に来る、後ろにピタッとくっつく、ホームを往復している、ドアを移って乗り込んで来るなどの行為をしている人には注意が必要です」

被害に遭い声を出すのが難しければ、せめて相手の手元をたどって袖口や服の色、顔の特徴、持ち物などを確認し、警察に相談する。怪しい情報が積み重なれば、犯人像が固まることもあるという。

「卑劣な犯人を捕まえるためにはささいな情報でも不可欠。どうかご相談ください。安心してもらえるよう同行警乗や防犯指導を行ったり、怪しそうな人物をマークし検挙につなげられます。これから薄着になる時期ですから、警戒を」(大渡副隊長)

“泣き寝入りはいやだ”というたか子さんの思いが生み出した痴漢抑止バッジ。今年3月、東京・渋谷で行った無料配布イベントでは、幅広い世代の男女が好意的に受け取ってくれたという。

「バッジをすぐにつけてくれる人もいて、すごく励まされました。“少しは役に立てているのかな。やってよかったかな”と思えました。同級生も“頑張っているね”“つけている人見たよ”と言ってくれて」

たか子さんは、被害に遭っても黙殺されたのを思い出しつつ今の心境を率直に明かす。

「孤独じゃないとわかったことが、一番うれしい」

笑顔を見せてバッジを握りしめる手に力がこもった。

(※)起業家やクリエーターなどが、製品開発やアイデア実現などの目的のためにインターネットを通じて不特定多数に出資やプロジェクトへの協力などを募ること。起案者は、集まった資金を元手にプロジェクトを実行する

http://www.jprime.jp/tv_net/nippon/27082?page=1

取り組み自体は良いことだと思うけど、なんで女性までもが渋い顔すんの?
こんなこと言ったら「痴漢は冤罪ガー!」って怒られるかも知れないけど、それは別問題。痴漢被害も痴漢冤罪もどちらも現実にあるんだろうし、どちらも卑劣で絶対に許されない。

 - ニュース, ネット