出社も帰る時間も自由・休み連絡なし・嫌いな仕事はしちゃダメという会社、作業効率が上がり人件費3割削減に

まじめに考えて“週休3日”という社名にしました

働く時間も自由、当日欠勤も自由。働く人に徹底的に優しいエビ工場が大阪にある。なぜ、こうした仕組みを取り入れたのだろうか。

好きな時間に出社してOK、それでいて帰る時間も自由。休む日も連絡なしでいいし、嫌いな仕事はしなくていいという働く側にハッピーすぎるエビ工場がある。

従業員たちは出勤するとホワイトボードで帰宅時間を示す。従業員の多くは子育て中の女性。

子育て中の従業員「子どもが風邪をひいた時とか、連絡がなく休めるのでとても助かっています」

それで会社や工場はちゃんと回るのかと思うが、作業効率は上がった上に人件費は3割削減。仕事内容はエビの加工から配送までさまざまでエビの解凍、殻むき、エビフライなどの調理加工、大きさ別に仕分け、計量、袋詰め、真空パックなどがある。

従業員たちは自由に仕事内容を選ぶことができるが、1つだけルールがある。それは、嫌いな仕事をしないということ。工場には好きな仕事と嫌いな仕事を書いた表を掲示しており、バツ印の嫌いな仕事はやってはいけないと決めている。嫌いな仕事はペースが遅くなるため、禁止事項にすることで、作業効率が上がったという。

フリースケジュール制を導入する前は、全員の休みが続いてしまうことなど不安もあったというが、全く会社に来ないという人はいないという。

従業員たちが個々に労働時間を管理することで、会社側は労務管理の時間を大幅に減らすことができたという。全員休みは5年間で2日だけ。休んだ分は人手が多い時に取り戻せているそうだ。

ここで働いている30代の男性は、これまで一度も働いたことがなかったそうだが、フリースケジュール制なら働けるとこの会社を選んだという。

パプアニューギニア海産・工場長の武藤北斗さん「自分で決めれば、それは納得して仕事ができるだろうし、“サボってやれ”という気も湧かないだろうし、全部がプラスに行くかなというのは、思うというより実感しています」

出退社が自由、休みも連絡不要の職場がある|日テレNEWS24
働く時間も自由、当日欠勤も自由。働く人に徹底的に優しいエビ工場が大阪にある。なぜ、こうした仕組みを取り入れたのだろうか。

 

工場だから実現できるってのはあるだろうけど、それにしたってすごい( ´∀`)bグッ!

コメント