自宅を間違えた白人警官、部屋でくつろいでいた黒人を不法侵入者と勘違いし当然のように射殺

スポンサーリンク

自宅と間違え入った部屋で黒人男性射殺、白人の元警官の女に有罪判決 米

スポンサーリンク

米テキサス州ダラス(Dallas)の裁判所は1日、自宅と勘違いして侵入したアパートで住人の黒人男性を射殺したとして殺人の罪に問われていた白人の元警官の女に対し、有罪判決を言い渡した。

スポンサーリンク

アンバー・ガイガー(Amber Guyger)被告(31)は裁判で、2018年9月6日に自宅だと思って入ったアパートの一室でボッサム・ジーン(Botham Jean)さん(当時26)と遭遇し、不法侵入者と勘違いしたと主張。しかし、実際には鍵のかかっていなかった1階上のジーンさんの部屋に入っていた。

スポンサーリンク

ガイガー被告の弁護人は事件について、「悲劇的な間違い」だったとしている。

米国では有色人種の人を撃った白人警官が裁判で罪に問われないことが多く、この事件でも被告の元警官が白人、犠牲者が黒人だったことから、公平な裁判を求める抗議デモが繰り広げられた。

スポンサーリンク

判決が読み上げられた後、ジーンさんの母アリソン(Allison Jean)さんは立ち上がって両手を高く上げ、判決に対して称賛の意を示した。アリソンさんは「眠ることも食べることもできず、自分にとって最もつらい時期だった」と語った。

検察は先週行われた裁判で、カリブ海(Carribean Sea)の島国セントルシア出身で会計事務所に務めていたジーンさんについて、ガイガー被告の誤りによって「究極の犠牲を払った」と指摘していた。

スポンサーリンク

ガイガー被告は今後、最も厳しい量刑の場合には終身刑を言い渡される可能性がある。

https://www.afpbb.com/articles/-/3247532

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

画像は米テキサス州ダラスの元警官、アンバー・ガイガー被告

コメント