ツイッターで「在日外国人の窃盗・強盗にはくれぐれも注意を」などのデマが流される

ツイッターで「在日外国人の窃盗・強盗にはくれぐれも注意を」などのデマが流される

今回の地震のあと、ツイッターなどのSNS上では、事実と異なるデマの情報が投稿され、拡散しているケースが確認されていて、大阪府は不確かな情報をむやみに拡散せず、冷静に行動するよう注意を呼びかけています。

ツイッター上では大阪・西区にある「京セラドーム大阪の屋根に亀裂が入っている」とするデマの情報が投稿され、拡散しています。

また、「京阪電車が脱線している」というデマも拡散しています。

このほか、ツイッター上では大阪府の北部で「シマウマが脱走」しているという情報も広まっています。

いずれもこのような事実はなく、大阪府は不確かな情報をむやみに拡散せず、冷静に行動するよう注意を呼びかけています。大阪府は今後、ホームページでも注意喚起を行う予定です。

差別あおるような投稿も

また、ツイッターなどSNS上では在日外国人などへの差別をあおるような投稿が複数見られる一方で、こうした投稿を非難する声も上がっています。

具体的には「在日外国人の窃盗・強盗にはくれぐれも注意を」とか「外国人は地震に慣れていないから真っ先にコンビニ強盗を始めるか空港に殺到する」などと投稿されています。

一方でこうした差別的な投稿を非難する声も相次いでいて、「大きな地震や災害が起きると差別主義者がデマを流すのでご注意を」とか「災害情報に対してデマを飛ばす人間は存在しますが、情報リテラシーを高めましょう」などと投稿されています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011483421000.html

過去にはこのようなデマで逮捕者も出てるからね。皆さん冷静に行動しましょう。

コメント