ジミー大西が画家活動を休止した理由

ジミー大西、画家活動休止の裏に焼き鳥店の張り紙「情けなくなって筆を…」

お笑いタレントのジミー大西(55)が11日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。画家活動を休止することを決意した意外なエピソードを明かした。
32歳で芸人をやめて画家に転身。最初に描いた絵に33万円の値がつくなど才能を発揮し、その後数々の作品を発表してきた。

それでも3年前に画家活動休止を宣言。決断したきっかけは、訪れた焼き鳥店に張られていた1枚の紙だった。

「自分の作品を見たときに、これが何百万円で売れるとしましょう」と語りだしたジミー。ある日、焼き鳥屋に行ったところ、張り紙に「時給1200円」と書かれてあったといい、「(1200円は)ええなと思って、自分も(作品の)値段で換算したんです…。380円やったんですよ、時給が。情けなくなって。筆をバチーんって(折った)」と当時の思いを明かした。

1枚を描き上げるのに擁する期間は3、4カ月。「1年に2枚しか描けないんです」とし、「もっと効率よかったら何枚も描けるんですが」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/11/kiji/20190811s00041000234000c.html

sakamobi
sakamobi

これが本当なら呆れた。金と効率だけでスパっとやめられるなら画家なんてやめて正解😩😩😩

コメント