【悲報】交通事故に駆け付けた警官の目の前で缶チューハイを飲み「呑んだのは事故後です!」

スポンサーリンク

飲酒運転での事故後、同乗者に「缶チューハイ買ってこい」…警官の前で飲み証拠隠滅図る

スポンサーリンク

飲酒運転で事故を起こしたのに、後から同乗者に買ってこさせた酒を飲み、ごまかそうとしたとして、兵庫県警神戸北署は25日、神戸市北区、不動産業の男(37)を道路交通法違反(酒気帯び運転)と証拠隠滅教唆の両容疑で逮捕、送検したと発表した。

スポンサーリンク

発表では、男は4月28日未明、北区内で酒気を帯びて乗用車を運転。タクシーに接触する事故を起こしたが、同乗者に缶チューハイを買ってこさせて駆けつけた署員の前で飲み、同乗者に飲酒運転の証拠を隠滅させた疑い。「酒を飲んだのは事故の後だ。酒気帯び運転ではない」と容疑を否認しているというが、検査した男の呼気には、チューハイを数口飲んだだけでは検出されない濃度のアルコール分が含まれており、同署は事故前に飲酒したと判断した。

スポンサーリンク

同署は、同乗者の30歳代男も道交法違反(酒気帯び運転同乗)と証拠隠滅の両容疑で逮捕、送検している。

飲酒運転での事故後、同乗者に「缶チューハイ買ってこい」…警官の前で飲み証拠隠滅図る
飲酒運転で事故を起こしたのに、後から同乗者に買ってこさせた酒を飲み、ごまかそうとしたとして、兵庫県警神戸北署は25日、神戸市北区、不動産業の男(37)を道路交通法違反(酒気帯び運転)と証拠隠滅教唆の両容疑で逮捕、送検し
スポンサーリンク

「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪」(通称:発覚免脱)は、自動車運転死傷行為処罰法で新たに規定された犯罪類型で、第4条に規定されています。

アルコール又は薬物の影響下で、自動車を運転し事故を起こした場合、事故後にアルコールまたは薬物の影響や程度が発覚するのを免れるために、さらに飲酒したり薬物を摂取したりするか、あるいは逃げてアルコールや薬物の濃度を減少させたりすることで、それらの影響の有無や程度の発覚を免れるような行為をした場合に適用されるものです。
法定刑は12年以下の懲役です。

これは、いわゆる「追い飲み」や「逃げ得」を許さないためのものです。

飲酒運転の“追い飲み”や“逃げ得”は発覚免脱罪 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
今回は「追い飲み」や「逃げ得」行為に関する罪について解説します。 「死亡ひき逃げ懲役6年 静岡地裁判決、追い飲
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

事故後の飲酒って証拠隠滅以外に罪重くなるんやな。絶対やっちゃダメだぞ!😡😡😡

コメント