sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

6人乗った航空自衛隊機 鹿児島上空で通信途絶える

   

6人乗った航空自衛隊機 鹿児島上空で通信途絶える

自衛隊機 鹿児島県上空でレーダーから機影消える

6日午後、鹿児島県にある海上自衛隊鹿屋基地を飛び立った航空自衛隊の「U125」点検機の機影が基地の北の山間部でレーダーから消えました。点検機には6人が乗っていたということで、自衛隊は夜に入って上空からの捜索をいったん終了する一方、地上での捜索を続けています。
6日午後2時35分ごろ、鹿児島県にある鹿屋基地を飛び立った航空自衛隊の「U125」点検機の機影が基地の北およそ10キロの地点でレーダーから消えました。点検機は、埼玉県にある航空自衛隊入間基地の所属で6人が搭乗し、このうち機長は入間基地に所属する40代の3等空佐の男性だということです。
点検機は6日午後1時15分ごろ鹿屋基地を飛び立ち、上空から空港施設の点検作業に当たっていたということで、再び鹿屋基地に戻る予定でしたが、レーダーから機影が消えるとともに通信が途絶えたということです。
警察や消防によりますと、航空機の通信が途絶えたのは、鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山の周辺だと自衛隊から連絡があったということで、山の中腹にある鹿屋市有武町の牧場に、自衛隊員や消防隊員、それに警察官などが集まっています。
自衛隊は、夜に入って上空からの捜索をいったん終了し、7日にかけては雨が予想されることから天候を見極めながら再開について判断することにしています。一方、地上での捜索は続けられていて、陸上自衛隊の隊員およそ30人が、何らかの手がかりがないか車で山間部の道路沿いを捜索しているということです。

中谷防衛大臣は6日午後8時40分ごろ防衛省で記者団に対し、「懸命に捜索を続けているが、まだ発見できていない。合計120人が山の中で捜索を続けている。7日は早朝から本格的な捜索を開始し、人数も増やす。レーダーから機影が消えた付近での捜索に全力を尽くす。隊員の無事を祈っている」と述べました。

「高隈山の山頂北側で煙」の情報
防衛省の幹部によりますと、高隈山の山頂の北側で煙が上がっているのが見つかったという情報があり、連絡が取れなくなっている点検機と関係があるかどうか、確認を急いでいるということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160406/k10010469481000.html

心配ですね…(;・∀・)

 - ニュース