スポンサーリンク

小学3年生の女子が制作した「自分ことわざじてん」が話題に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■「てつだいがこうかいにかわる」 【いみ】一回てつだったらたくさんやらされた
【たとえ】小さいことあそんだらまいにちあそばされた

■「こうきゅうなけしょうひんいってきずつ」 【いみ】いくらたかくてもすこしずつつかったらいみがない。
【たとえ】母さんがこうきゅうなけしょうひんをいってきずつつかっているのを見てぼくは(いみがないな)と思った。  これを書いたのは桜子ちゃん(8)。内容はその時に思いついた事で、実体験ではないそう。

全部で約10作品ほど書き、自由研究としてまとめて学校に提出したそうです。

「自分ことわざじてん」はいくつかの出版社から書籍化の話も来ているそう。ちなみに桜子ちゃんの将来の夢は「学校の先生になること」だそうです。

読売テレビニュース
関西のニュースをはじめ、政治・経済・社会・国際・スポーツ・芸能など全国の最新ニュース、気象警報・注意報、災害情報をお伝えする読売テレビのニュースサイトです。

めっちゃおもしろいw 書籍化されたらぜひ買いたいです(*´∀`*)

スポンサーリンク
ニュースネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobiをフォローする
スポンサーリンク
sakamobi.com

コメント