【悲報】1日の生活費は「677円」と判明、いまどき女子大生の貧困リアル事情・・・

 1日当たりの生活費はわずか677円!

親元を離れて暮らす首都圏の私立大学生が、新たな貧困層になりつつあるという。

「厳しい実態が浮き出たと思います。ただ、ここまで厳しいとは本当に衝撃的でした」

調査結果を発表した東京私大教連(東京地区私立大学教職員組合連合)の担当者も、ショックを隠さない。

2018年度に首都圏の私立大学14大学に入学した新入生の家庭を対象にしたアンケート調査結果は、入学後に出費が落ち着く6月以降の毎月の仕送り平均額は8万3100円で調査開始以来、過去最低になったことが明らかに。そこから家賃を除いた生活費は2万300円で、1日当たり自由になるお金は677円。ピークだった1990年度が2460円だから差は歴然としている。

食費や光熱費をそこから捻出できるのか……。

スマホのやりとりで満足
城西国際大学大学院准教授で生活経済アドバイザーの柏木理佳さんは、

「学生が確実に借りる場所にあるワンルームのアパートの家賃は、比較的高めに設定されています。建物も耐震用に変わってきていますので、昔のような古いアパートなどはどんどん減っています」

と家賃の高さを指摘する。

調査によれば、平均家賃は6万2800円。仕送りに対する家賃の割合は7割を超えている。“ひとり暮らしの家賃は月収の3分の1”という目安の逆で、生存はできるのか。

前出・柏木准教授は、学生の置かれた窮状を、

「スマホは生活必需品となっているので削ることはできない。テキストや専門書なども購入しなくてはならない。学食は高い。交通費もかかる。お金に余裕がなければサークル活動も難しい。飲み会も減っている印象がありますね」

と伝えるが、悲壮感は感じないという。

「みんなでお金をかけて集まって何かをしようという機会が減ってきていると思います。少人数でちょこっとしゃべったりしますが、あとはスマホがありますから、そのやりとりで満足しているようです」

都内の有名私大に通う女子大生4人に実態を聞いてみた。

愛知県出身の木下遥さん(仮名、大学4年)は、最寄り駅まで徒歩10分、家賃6万5000円の部屋で暮らしている。

「東京だと、この家賃でもかなり安いほうだと思います。それにプラス3万円を生活費として仕送りしてもらっています」

仕送り総額は平均をはるかに上回る9万5000円。東京に慣れてから木下さんはアルバイトを始めることになるが、それまでの暮らし向きは厳しかったと振り返る。

まずは光熱費編。

「電気代や水道代を浮かせるために、洗濯はため込んでから一気にしました。講義が終わると、図書館や学生ホールに入り浸って、疲れて早く帰りたいと思っても、帰宅するとエアコンをつけたりして電気代がかかるから『まだ帰っちゃダメ!』って、自分に言い聞かせていました。ストレスを感じましたね」

続いて食費編。

「祖母が送ってくれたお米とスーパーで買う納豆が、入学当初のメインディッシュでした。だんだん飽きがきて、でもきちんとした食事を作ろうと思ってもひとりでは食べきれず食材を捨ててしまうこともありました。もったいないので、またごはんと納豆……。食べることが好きな私にとっては、なんか悲しいというか、むなしくなるんです」

そんな食のストレス。解消するために選んだアルバイト先は、大学から自宅の中間地点にある定食屋さんだった。

「人生初めてのアルバイトでした。時給は1000円。2年間ぐらい働いていました。まかないはありませんが、店のメニューを半額で食べられました。いちばん好きだったのはすき焼き定食とレバニラ定食。ただ、少しでも安いサバの塩焼きと焼きうどんをよく食べていました」

現在はハワイアン料理店とライブなどのイベントスタッフの短期バイトを組み合わせて稼ぎ、就職活動にも追われている。

「食費は平均1日1000円で収めようとしています。朝ごはんはあまり食べないですね。昼食は、家でおにぎりを作って持ってきたり。学食はほとんど使いません。夜はスーパーで食材を買って自炊します」

家に帰っちゃダメ、と自分に言い聞かせることは、もうなくなったそうだ。

節約のため食べない日も
静岡県出身の原田恵さん(仮名、大学4年)は、

「家賃が9万円、オートロックです。それと生活費で5万円仕送りしてもらっています」

合計14万円。大学1年の10月から翌春まで、駅前の惣菜店でのアルバイトを続けたが、選んだ理由は明快。

「廃棄する惣菜をもらいたかったからです。あとは自宅から近かったからですね。1年生のときは時間割がキツキツで、あまりバイトに入れないと正直に言ったら落とされたこともありました」

時給は1000円。それと惣菜の売れ残り。食費を切り詰めるのは今も習慣になっていて、

「1日1000円くらいに抑えようと思っています。1日3食、食べない日もあります。休日も、予定が何もないときは昼ごろまで寝たり、家から一歩も外に出ないことも多いですね」

と、すっかり倹約家だ。

静岡県出身の多田葵さん(仮名、大学4年)は、弟と2人暮らしで家賃は12万5000円。

「1人当たり6万円ちょっとですから安いのかなと。生活費として3万5000円仕送りしてもらっています」

これまで塾講師やピザ店、短期バイトを経験し、

「最近は伯母の紹介で百貨店で雑貨を売るアルバイトをしています。1日で1万円もらえます」

と高額バイトに就いたが、

「サークル活動があるため土曜日は入れません、とカフェの面接で伝えたら落とされたことがありました」

食事は1日3食しっかり食べる派で、食パンを冷凍保存し長持ちさせる生活の知恵もしっかり。休日は、

「録画したドラマを見たり、ゆったり過ごすことが多い」

友達とは、飲み会よりランチやお茶をすることが多いという。実に健康的だ。

山梨県出身の山下由香さん(仮名、大学3年)は、

「大学1年の6月からカフェでバイトし、今も続けています。時給1000円です」

と長期アルバイトを継続中。電車でアルバイト先に通う点が面倒だと感じるが、

「採用条件が週に3日以上入ることで、1~2年生のころは週3日シフトに入っていました。今は週に4日入っています。人手不足だからです」

そのため月収は約7万円。貯金もしている。家賃は7万9000円で、これまでの生活費7万円の仕送りは、今年から弟も上京するので、5万円に減額されたというが、お金に心配はないという。

「飲み会代は月に1~2回で、1回につき3000円くらい」

とアルコール摂取はまれ。最近、自炊も始めたという。

栄養の偏りや食事の回数が心配だが、厳しい仕送り事情を嘆くことなく、大学生は手堅く生きている。

http://news.livedoor.com/article/detail/16333024/

sakamobi
sakamobi

なんか可哀想だな…😰😰😰

コメント