【悲報】JC社長登場で椎木里佳終わる

中2女子が起業し社長に、デキる子どもの育て方

スポンサーリンク

区立の中学校に通う中学3年生の女の子にはもう1つ、大きな肩書きがある。それは「社長」。しかも、業績は絶好調の超優良企業だ。どうすれば、そんな子どもが育つのか。家族や家庭環境なども取材し、その秘密を探った。

スポンサーリンク

中学2年で起業し社長に
わずか4ヵ月で月商は60万円

中山そらさん、14歳。渋谷区立鉢山中学3年生で、バレーボール部の主将を務めている。それだけ聞くと、ごく普通の中学3年生にすぎない。

しかし、そらさんはもう1つ、驚くべき肩書を持っている。それは、偏差値68以上の高校生が、高校受験を控えた中学生に家庭教師として勉強を教える「ハイカテ」(highkate.com)の代表。つまり、そらさんは「現役中学生社長」なのだ。

スポンサーリンク

ハイカテは、平日の19~21時まで、2時間運営しており食事もついている。講師が現役高校生のため、入会金5000円、1時間2500円という料金の安さが売りだ。

そらさんがハイカテを開業したのは、昨年11月のこと。それからわずか4ヵ月で、月商は既に60万円を超え、売上高純利益率も6割という“超優良企業”へと成長を遂げている。株式会社は満16歳にならないと立ち上げることができないため、今はまだ個人事業の扱いだが、既に渋谷税務署に届け出も済ませている。

成績上がらない生徒に営業
講師獲得には姉も協力
それにしてもなぜ、これだけの成功を果たすことができたのか。その秘密は、そらさんの熱意と家庭環境にあった。

スポンサーリンク

そらさんは、受験が目前に迫っているのに一向に成績が上がらない、勉強する気が起きないといった生徒の情報を同級生から得ると、「生徒募集中!」のチラシを持って直接営業をかけたり、学内外の友人や知人のネットワークを駆使して営業したりして、瞬く間に10人を超える生徒を集めてしまった。

今年3月には、うわさを聞きつけた父兄向けに説明会を開き、ハイカテ代表として、「受験を終えたばかりの高校生講師は、現役受験生に一番近い存在だからこそ、親身になって教えられる」と、熱弁を振るった。

休日には、「高校生募集」と書いたチラシを近くの名門高校の前で配布するなど、講師の獲得にも積極的だ。とはいえまだ13歳なので、お母さんである理加さんが、人目につかない場所からこっそりそらさんの行動をチェックしている。

スポンサーリンク

昨年、偏差値68の駒場高校に合格した現役高校生で、「副社長」でもある実姉の愛海(あみ)さんも講師の獲得に協力している。

同級生や知人に、「アルバイトするなら、家庭教師はどうかなぁ」と声をかけ、講師として麻布高校(偏差値75)や慶應義塾高校(偏差値74)といった名門校の生徒を確保することに成功している。

こうした子どもたちが育った背景には、両親の影響が大きい。

スポンサーリンク

母親の理加さんは、若い頃から、数々のメディアに取り上げられてきた実績を持つ女性起業家だ。女性で初めて、タクシー業界や飛行機業界に参入し、飛行機会社を経営したときには、20億円の負債を抱えるという怒濤の人生を生きてきた。

父親の英俊さんは、大学卒業後、投資会社JAFCOに就職。さまざまなベンチャー企業を発掘し、今は企業財務に精通する投資家だ。そらさんが幸運だったのは、起業家を両親に持つという、日本では極めて珍しい家庭環境に育ったことだろう。

両親は、もちろんそらさんに協力している。だが、決して甘いわけではない。

スポンサーリンク

そらさんが未成年ということもあって、ハイカテは理加さんの会社の一事業部という形を取っている。そうすることで、未成年である生徒や講師の親たちからの信頼を得られているわけだ。

また食事係は、今のところ理加さんの担当だ。しかし、「もちろん食材費は、そら社長からいただいています。そろそろ私の時給もいただかないと…」と、経営者の母はあくまでシビアだ。

「子どものビジネス」の枠を超えそうになると、父の英俊さんもシビアな態度に転換した。自宅1階の開放的な応接室を、「教室」として利用することが認められているのだが、その家賃を「4月から徴収する」とそらさんに申し渡したのだ。

スポンサーリンク

「本当にうちは厳しいと思います。特にお母さんは厳しいです」と、そらさんはため息をつく。

社長でも部活をこなした後
塾の仕事と家の手伝い
そもそも中山家には、基本的な約束事をおろそかにしなければ、家族の全面的なバックアップを受けられるというルールがある。

小学生の頃から子どもたちにも“仕事”が割り振られていた。犬の散歩や餌やり、皿洗い、掃除など。それでいて、「テストは常に90点以上でなくてはダメ。塾なんて高いだけで成績は上がらないんだから、行く必要はありません」(理加さん)と、自力での成績アップを要求されてきた。

スポンサーリンク

社長だからといって、学業のみならず部活もおろそかにはできない。平日は、キャプテンとして部活の練習をこなした後、帰宅すると家の手伝いにハイカテのタイムキーパーを務めている。土日も、部活の後は平日にたまってしまった家の手伝いのほか、月の売り上げや講師の給与計算などをしている。

実は1ヵ月ほど前、激務に耐えかねて「家の手伝い」をサボった副社長兼講師の愛海さんと大げんかになった。手伝いをしなかったことを理由に、月に1万8000円支給される役員報酬が、理加さんによってストップされてしまったのだ。

そもそも役員報酬を除いた純利益の分配についても、そらさんが6、愛海さんが4の割合になっていることに対する不満もためていたようで、愛海さんはついに感情を爆発させてしまったのだ。

スポンサーリンク

「そらは、タイムキーパーと給与計算しかしていないのに、私より給与が高いなんておかしい。ずるい」と、階段に座って泣きじゃくる姉と、困惑した面持ちの妹。結局、英俊さんが、「会社の中で一番偉いのは、仕事を取ってきた人間だ」と、愛海さんに企業経営のいろはを説き、ようやく落ち着いたという。

その後、そらさんに「お姉ちゃんとは仲直りしたの」と問うと、「はい、お母さんに対抗するには、姉妹で結託しないと絶対無理なので」と真顔で答えた。

スーパーを開業したい夢があり
大学に進学するつもりはない

スポンサーリンク

実は、そらさんが塾を開業したのは、高校を卒業したら家を出て、スーパーマーケットを開業したかったからという理由がある。

「ハイカテで、安くておいしい食事を提供し、笑顔を見ることができたらいいなと思いました。自立するのに十分なお金も稼げますし。今のところ、大学に進学する気はありません」

14歳とは思えないほどドライな回答が返ってきた。

スポンサーリンク

理加さんは、そらさんの目標が「わが家、特に自分からの独立」と知って、苦笑しながらこう話した。

「そらが生まれた直後に、私のビジネスがどん底になり、6畳一間に家族4人で住んでいました。そのせいか、そらは妙に経済的自立にこだわりがあるようです。お姉ちゃんの方は、商売の調子がいいときに子ども時代を過ごしているせいか、のんびりしています」

いいアイデアを
摘まないようにしているだけ
そしてこう続けた。

スポンサーリンク

「ただ、実際にうちに生徒さんが来るようになって分かったのですが、晩ご飯を1人で食べている子がとても多い。うちでは、先生も生徒もそらもみんな一緒に食事をし、まるで“子ども食堂”のようなんです。そうした様子を見て、スーパーを経営したいと思ったのかもしれませんね。

成績が上がれば、そら社長からケーキのプレゼントがあったりするんですが、そうした雰囲気の中で勉強が楽しくなった、成績が上がったと感想を手紙でもらったりすると、そらだけでなく、私も夫もお姉ちゃんもうれしくなるので、みんな結局は手伝ってしまうんですよ。

決して、経営者としてそらを教育しているわけではなく、単に子どもだからというだけで、いいアイデアの芽を摘まないようにしただけです」

最後に、そらさんに「勉強のできない子たちがハイカテに来たがり、実際に勉強ができるようになっていく秘訣はなんですか」と聞くと、幼さの残る笑顔を見せて一言だけ返ってきた。

スポンサーリンク

「それは、企業秘密です」

https://diamond.jp/articles/-/200626?display=b

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

この子はちゃんとビジネスしてるのに偽ガッキーと比べるなんて失礼だろ!😂😂😂

コメント