sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

外国人「日本の銭湯は水着OKにして!他人に裸見られたくないから」

   

外国人「日本の銭湯は水着OKにして!他人に裸見られたくないから」

外国人が驚く日本の風呂文化「銭湯は水着OKにして!」

寝る前に風呂に入るという何気ない習慣。しかし、風呂に入るタイミングは国によって異なり、風呂そのものに対する価値観も大きく違う。日本ならではの風呂文化を、海外の人々はどう見ているのか?

「就寝前に入浴」は
日本独自の文化だった!

日本人の心の拠り所とも言える“お風呂”。その日の疲れを取り除いて癒やされる、かけがえのない存在だ。しかし、風呂に“癒やし”を求めるのは、じつは日本ならではの文化で、海外ではそういった概念はないという。湯まわり設備メーカーの(株)ノーリツの広報担当の大沢さんに話を伺った。

「日本と海外ではそもそも、お風呂に求めるものが異なります。海外の方にとってお風呂とは、汚れを取る・清潔にするためのものです。一方日本人は、体を清潔にすることに加え、癒やしやリラックスも求めます。日本で広く普及している追い焚き機能ですら、海外の方にはとても新鮮に映るようです」(大沢さん、以下同)

風呂に求める価値観の違いは、入浴時間を比べてみるとよくわかる。ノーリツが日本に在住する外国人644人(※)を対象に行った風呂に対する意識調査によると、『日本に来てから入浴時間が長くなった』という人は、全体の6割を超えた。本国ではシャワーだけで済ませていた人も、日本に来てから湯船にゆっくりつかるようになったためだ。また、風呂に入るタイミングそのものが変わったという声も多い。

「日本では、就寝前にお風呂に入るという習慣が一般的です。汚れたままで布団に入りたくないという理由によるものだと思います。しかし、英語圏では起床後にシャワーを浴びるほうが一般的です。これは『人に会う前の身だしなみ』という意識のほうが強いためです。もちろん、国や風土によって異なり、年間を通して湿度の高いアジア圏の国では1日2回シャワーを浴びるのが普通という場合もあります。いずれにせよ、『寝る前にお風呂』というのは、日本独自の習慣なんです」

「水着OKの銭湯を増やしてほしい」
外国人たちの本音

外国人の内湯と外湯の使い分け方も、注目すべき点だ。

「自宅のお風呂を内湯、銭湯や温泉など外の施設のお風呂を外湯といいますが、弊社での調査によると、それぞれを組み合わせている人が全体の3割いることがわかりました。銭湯に行って日本文化を感じたいというのも理由の1つですが、『内湯が使いにくいから』というシンプルな理由も多いです」

欧米人は日本人に比べて体が大きいため、内湯だと狭く感じるのだという。シャワーが低く、浴槽が狭すぎるため、定期的に広々とした外湯を利用するのだ。しかし、外湯は内湯以上に、外国人たちを驚かせるという。

「多くの外国人の方は、お風呂のお湯を、大勢でシェアすることに抵抗を持っています。実際に日本のお風呂習慣で最も混乱したという回答で『お風呂のお湯のシェア』は全体の65%と最も数を集めました」

また、他人に裸を見られるのを嫌がり、「水着で入れる銭湯を増やしてほしい」といった要望や、タトゥーでの入浴を解禁してほしいという声も。

「海外では、タトゥーはファッションの1つとして捉えられていますが、日本の銭湯や温泉はタトゥー禁止の場合がほとんどです。せっかく日本の外湯を楽しみに来ても、入れずに終わって残念だという声もあります」

日本で暮らしていれば風呂習慣を意識することはあまりない。しかし、改めて海外と比較してみると、想像以上に違うことがわかる。手すりのある浴室、ジェットバスやミストサウナなどのハイテク機能を備えたお風呂は、日本特有のものだ。

「ハイテク機能のお風呂に感動し、『母国に持ち帰りたい』という意見もたくさん寄せられました」

国の数だけ風呂文化があるのだが、中でもひときわ、風呂に対する思い入れが強いのが日本。数年前、爆買いで日本製便座が飛ぶように売れる、という話があったが、風呂に関しても「持ち帰りたい」と思う外国人は多いようだ。

http://diamond.jp/articles/-/144333

感覚の違いだよね。スパみたいなもんだと思ってるんだろうな(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット