【悲報】太古のメジャーリーガーさん、とんでもない死に方をしてしまう

スポンサーリンク

ジム・クレイトン(1841-1862)

スポンサーリンク

突然の死
野球におけるスター選手となりつつあったクレイトンだが、1862年10月14日のエクセルシアーとユニオンズ・オブ・モリサニアの試合中に悲劇が襲う。この試合はブレイナードが投手をつとめ、クレイトンは野手として出場して4打席で4本の二塁打を放つ活躍をしていた。5打席目にクレイトンはホームランを放ったが、思い切りバットを振った時の衝撃で内臓破裂を起こしてしまった(当時は膀胱の破裂と報告されたが、後の医学的な知見から鼠蹊部ヘルニアの損傷と解釈されている)。出血が止まらないまま、クレイトンは4日後の10月18日に、わずか21歳と6ヶ月で他界した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%B3

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

えー!!!!!😱😱😱

コメント