ケガ人続出『イッテQ!』椿鬼奴の「事故寸前ロケ」に批判相次ぐ

ケガ人続出『イッテQ!』椿鬼奴の「事故寸前ロケ」に批判相次ぐ

お笑いタレントの椿鬼奴(47)が、7月7日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で体を張ったロケに挑戦。スタジオの爆笑を誘っていたが、一部の視聴者は鬼奴が大ケガをしないかと心配していたようだ。

今回のロケは“イッテQ! 温泉同好会”で、鬼奴はガンバレルーヤのよしこ(28)とまひる(25)、おかずクラブのオカリナ(34)とともに、オランダのアムステルダムへ。VTRが流れる前のスタジオで、鬼奴が「年下の3人に合わせて、めっちゃ体張らされた」とボヤくと、まひるが「なかなかふだん見られない奴さんが見られる」とフォローした。

そして、一行が水上アクティビティ施設「ワイプアウト」に挑戦する際、スタッフが成功したら5000円の賞金を出すと提案。すると鬼奴は、「ワイプアウト」が欧州でもカルト的な人気を誇る番組『風雲! たけし城』(TBS系)に似ていたため、不満そうに「たけし城は100万円ですよ」とクレームを入れた。

しかし、まひるらには伝わっていなかったようで「分からないですよ、たけし城が」「ジェネレーションギャップがある」などと、鬼奴と大きな年の差があると指摘。鬼奴はソレを無視するように「いけーっ!」と、今回のロケのリーダーであることを強引にアピールした。

面白そうなアクティビティの中から、鬼奴は不規則に回る太い棒をかわしながら、トランポリンの上を駆け抜ける“ピッチフォーク”に挑戦。ヤル気は満々だったが体がついていかず、回転する棒に持ち上げられてしまい、トランポリンに落ちると棒が頭を直撃。その勢いで水に落ちてしまった。

さらに、水上に立った柱の足場の上で、追ってくる太い棒をジャンプしてかわす“メガスイーパー”では、次々とほかのメンバーが落ちる中、一番年上の鬼奴が奮闘。予想外に粘っていたが、最後は棒に足をすくわれてしまい、顔面が柱の足場に直撃。鬼奴は「真っ白な灰だよ。燃え尽きたよ……」「一生ぶんのジャンプを跳んだんだ」と、疲れ切った表情でコメントした。

この姿を見ていた視聴者は、ツイッター上で「涙が出るぐらい爆笑してもうた」などと大ウケだったが、スタジオでは鬼奴が「“ピッチフォーク”の棒に体が乗ってしまうと止まる安全装置が、(このときは)機能していなかった」と暴露。同番組ではANZEN漫才のみやぞん(34)が左足首骨折、フォーリンラブのバービー(35)が左アキレス腱断裂と、2か月連続でロケ中に大ケガをしていたため、「大丈夫か、事故になるで」「ケガしそうで見てて怖い」などと、鬼奴らを心配する声が続出した。

また、「最近のイッテQは危なくて、子どもが小さかったら見せたくないかな」と、むちゃなロケ内容に批判的な声も寄せられていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1922491/

sakamobi
sakamobi

体を張った笑いとかドッキリとか、見ていてもまったく面白くないしむしろ腹が立つんだよね。最近のテレビ制作者ってものすごくレベルが落ちてまったく視聴者を理解してない。YouTubeのように評価やコメントでダイレクトに反響を受け学ぶべき😰😰😰

コメント