別人の遺体を間違えて引き渡し→1年後に本人が帰ってきて発覚

別人の遺体を間違えて引き渡し→1年後に本人が帰ってきて発覚

遺体を行方不明男性と間違えて引き渡し 警視庁

去年6月、東京 葛飾区で死亡した男性の遺体を、警視庁が行方不明届が出されていた別の男性と間違えて家族に引き渡していたことがわかりました。その後、死亡したと思われていた男性が家に戻ってきたため、誤りがわかったということで、警視庁は「再発防止の徹底をはかりたい」としています。

警視庁によりますと、去年6月下旬、東京 葛飾区の江戸川で溺れて死亡した男性について、亀有警察署が行方不明届が出されていた千葉県松戸市の40代の男性の妻や親族に遺体を確認してもらったところ、「本人で間違いない」と話したため、遺体を引き渡したということです。

遺体は火葬されましたが、およそ1年たった先月上旬になって千葉県松戸市の自宅に行方不明だった男性が戻ってきたことから、誤りがわかったということです。

そして、警視庁が川で溺れて死亡した男性について確認を進めたところ、都内に住んでいた30代の男性だったということです。

間違われた40代の男性と、死亡しているのが確認された30代の男性は、身長などの特徴がよく似ていたということで、警視庁は双方の家族に間違えた経緯について説明したということです。

警視庁刑事総務課は「間違えて遺体が引き渡されていたのは誠に遺憾です。再発防止の徹底をはかりたい」としています。

エラー|NHK NEWS WEB

 

>妻や親族に遺体を確認してもらったところ、「本人で間違いない」と話したため

水死体だったから妻や親族も分からなかったのかなぁ…(;´Д`)

コメント