【画像】せっかくの美人天才なのにこんな経歴を選んだ女の末路

石井てる美(31)

東京都出身。中学・高校は白百合学園中学校・高等学校(偏差値71)で、学園祭では実行委員長も務めた。

2002年、東京大学文科三類に現役合格。
入学後に日本国外での現地活動を志して理系に転向、工学部社会基盤学科に進学して発展途上国のインフラ整備について学んだ。
同大学工学部卒業、同大学院修了。

TOEIC990点(満点)であり、英語検定1級も取得している。

大学院修了後の2008年、外資系コンサルティング会社であるマッキンゼー・アンド・カンパニー(社員平均年収6000万円超、就職偏差値77を誇る業界トップに君臨する世界的企業)に入社し、本人いわく「42.195kmのマラソンを100m走の速さで走るような」多忙な日々を送る。
しかしながら入社後、「人生は一度きり」と痛感する体験をしたことを機に、「やっぱり芸人になりたい!」というかねてからの夢への思いを強め、約1年4カ月の勤務の後に退社を決意した。

結果、現在売れない芸人の1人

 

sakamobi
sakamobi

いろんな意味ですげー(;゚Д゚)

コメント